【南房総 やまと寿司】丁寧な接客と清潔感【カメイドクロック店】

2022年4月28日に開業したばかりのカメイドクロック。
気になるのは1階のレストラン街だ。


土日に混むのは当たり前なので、
平日の14:00という中途半端な時間を狙い視察してみた。

スポンサーリンク

亀戸クロックの飲食店

カメイドクロックは1階にレストラン
4階にフードコートという形になっており、
今回は1階を視察してみた。

1階のレストラン街は”カメクロ横丁”という名で
各店舗の仕切りが無く連なっている特徴がある。

離れた飲食地帯

”カメクロ横丁”が目立つため
多くの方がここで足止めされるが、
実は奥にも店舗がある。

”カメクロ横丁”を抜け更に奥に進むと
焼肉屋回転寿司が存在するのである。

店員「昼時は混んでる」との事であるが、
平日の14:00となれば御覧のとおり空いている。

タッチパネルが有難い

以前からタッチパネルの店はあったが、
コロナ禍を機に当たり前になった。

ホールさんは優気を使ってくれる方で
(外は暑いので)何も言わなくても水を出してくれる優しさであった。

・中とろ 470円
・いくら 420円
・やまと五貫 970円

・とろたく 250円
・炙り3貫盛 ???円値段失念

提供がめちゃめちゃ早い。

飲食店は大変だ

やまと寿司カメイドクロック店では
宮城出身のおっとりとした店員さんが人気だ。

東京のせかせかしている人にとっては向かないかもしれないが、
のんびり食事をしたい、癒しに来る方にはピッタリハマるだろう。

回転寿司であるにもかかわらず、
1人1人に対し丁寧すぎるほどの対応しているので微笑ましい。

しかしながら、お客さんは全て良い人ではない。
今回は、私の父のような頑固な客がいて
「Wi-Fiのパスワードが分からない!」とキレられ可哀想であった。

フリーWi-Fiなどフロアマップを見れば書いてあるのに
調べもしない頑固亭主関白爺が威張っていて不愉快だ。

私も飲食業界が長かったが、
辞めたのは”嫌な客と関わりたくない”というのが理由だった。

客の少ない時間帯でも
店員さんは大変だ。。

テイクアウト

今のご時世、欠かせなくなったのがテイクアウトである。

やまと寿司でもテイクアウトや用意されており
寿司の盛り合わせだけではなく、どんぶりものも存在する。
(食べている間に準備してくれる)

最後の会計は、座席上にある札を持って
レジに向かえばOKだ。

板前の初々しいお兄さんや
ホールの方達・・・・
みんな優しかった。。

とても癒されるランチだった。
本当にありがとう!最高だ!

アクセス

南房総 やまと寿司 カメイドクロック店
〒136-0071 東京都江東区亀戸6丁目31-6 1F CLOCK
営業時間:11:00~22:00



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    ここのカウンター理想的
    まじ好き