【牛犇焼肉】高田馬場駅から近い焼肉屋【うしひしやきにく】牛3つで何と読む?

高田馬場に快適な焼肉屋が誕生した。
(2022年3月10日オープン)
コロナ禍にあえて開店した勇気は素晴らしい。

ちなみに犇は、牛が3つで(ひし)めくと読む。
(牛がひしめくと覚える)

今回は平日の17:00(夜の部)に
一番乗りしてみた。


開店前の様子

宮崎牛のポスター・・・・・
宮崎牛はどんな味なのか?気になる。。

夜の部はしっかりと17:00にオープンし
チャイナドレスの優しい美女が爽やかに案内してくれた。

店内は広く綺麗で、座席間隔も広めになっている。
タッチパネルが導入されており快適だ。

器は爽やかで、銀色の箸には”牛犇”と掘られている。

初訪問のため、
(どれが宮崎牛なのかは疑問だが)
美味しそうな肉を注文してみたい。

ちなみに、網は丸型ではなく昭和スタイルだ。

スポンサーリンク

ネギ牛タン(1150円)

まずは牛タンから

牛タン系は、別に特上タンというメニューがあるだけに
その他のタンは必然的に、霜降りの少ないタンになる。

しかしながら、歯切れがよく
上品に作られたネギダレとの相性が抜群だった◎

お得5点盛り合わせ(2280円)

カイノミ、トロカルビ、ハラミ
和牛モモロース、和牛カルビの5種盛で

和牛と書かれていないトロカルビやカイノミは
和牛ではなく国産なのだろうか??

和牛豪華7点盛(4680円)

和牛”と書かれた7点盛りは、豪華な器で登場した。

リブロース、特上カルビ等、全て美味しいのだが
濃厚や霜降りを感じるのではなく、
何より爽やかで”雑味が無い”美味しさが伝わってくる。

雑味のない米が美味しいように
牛犇の和牛は随分と上品な味である。

明らかにその違いが分かるのは”ハラミ”だろう。
ハラミと言えば、横隔膜特有の”獣臭さ”のイメージがあるが
全くの無臭なので違う部位かと錯覚する程である。


おオシャレなキムチ系の器


ネギご飯480円

ユッケジャンスープ730円

ユッケジャンスープは、
卵が細かく溶かれ上品に整っている。
旨味も抜群でいつまでも飲み続けられる程だ◎

和牛炙りおにぎり1貫350円

名前に炙りが入っていたので
カルビなどの炙りをイメージしたが

炙ってあるのは薄い側面で、
例えれば”ローストビーフ”握りと言えば伝わりやすい。

テイクアウト各種
メニュー一覧

とどめに、テイクアウトも挑戦してみた。

カルビ弁当(肉多め)1780円

カルビが敷かれた弁当は至福で、
肉とご飯の間には海苔が敷かれ贅沢な弁当だ。
※付属のタレは無く味は薄め

コロナ禍にひっそりと誕生したお店であるが
(和牛なのに)コスパはよく、居心地も良い。
これはしばらく通う事になりそうだ。

アクセス

高田馬場 牛犇焼肉(うしひしやきにく)
所在地:〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目26-5 FIビル2階
営業時間:
水曜日 11時00分~15時30分 17時00分~23時00分
木曜日 11時00分~15時30分 17時00分~23時00分
金曜日 11時00分~15時30分 17時00分~23時00分
土曜日 11時00分~23時00分
日曜日 11時00分~23時00分
月曜日 11時00分~15時30分 17時00分~23時00分
火曜日 11時00分~15時30分 17時00分~23時00分
※土日のみ中休み無し



スポンサーリンク

シェアする

フォローする