【確信犯とは?】間違えた使い方?正しい意味は?「あいつは確信犯だ」正解率17%

Q.確信犯の意味がいまいちわかりません。
周りは悪い事をわざとやる意味で使いますが、
本来の意味は反対じゃないですか?
Q.確信犯という言葉の意味を
簡単にわかりやすく教えてください
Q.「確信犯」とは「悪い事だとわかっててやる」
という意味じゃないそうですが本当なの?
本当の意味を教えてください。

俺の友人も、
「電車遅れて遅刻した→確信犯だろ」
「お金払いたくないから宴会早く抜けた→確信犯」
のように、悪いと分かっていての行動に使ってる。
恥ずかしくて仕方ない。

「確信犯」とは、正しいと確信して
行う犯罪のことです。

確信犯は、
「悪いと分かっていて実行する事」
として使われがちであるが、
実際は違う。
現代人が間違えて使ってる。

たとえばテ〇。
ほとんどの人は悪いこと(犯罪)だと思っています。
ところが、自分は政治を変えて
世の中をよくしようと思って
テ〇を行っているのだから、
自分が行うテ〇は正しいことだ!
と信じている人もいるのです。
これを「確信犯」といいます。

世間では犯罪とされていることでも、
自分が信じる政治や宗教を
実現するために行うのなら、
それは正しい行動である!
と信じて犯す罪のことです。
(その行動が罪だとは思っていない)

そうすると、
マスク警察も確信犯になるねw

やはり誤用が広まってるな・・・

【ウィキペディアの場合】

自分の道徳・宗教・政治・経済などの
理念を確信して実行される犯罪である。
言い換えると、己の信念に
基づいて実行される犯罪である。
【goo辞書】
1.道徳的、宗教的または政治的信念に基づき
本人が悪いことでないと確信してなされる犯罪。
思想犯・政治犯・国事犯など。
2.(1から転じて以下の意味にも使われる)
悪いことだとわかっていながら行われた犯罪や行為。
また、その行為を行った人。
「違法コピーを行っている大多数の利用者が―だといえる」
【weblio辞書】
確信犯とは、本来は
「自分の行為が正しいという
信念に基づき遂行される犯罪行為」
を指す法学用語である。
昨今では、世間的には、
「悪いことだと理解していながら
敢えて行われる悪事、および、
そのように敢えて悪事を働く者」
という意味合いの言葉と解釈されている。

国民の17%しか
本来の使い方をしていないんだよなw
【確信犯の意味を知ってますか?】
知らない・・13%
正解・・・・17%
誤用・・・・70%

バカ増えたなぁ

現代においては、仕方なく
”どっちの意味でも使っても・・いいか・・”
状態になっている

でもさー
やっぱり「悪と分かってて実行する事」
の意味で使ってたら、あいつバカだ
って思われそうなので、俺は使わない。

分かる。
逆に正しく使ったら
???って思われそうで怖いw



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク