【レストランせんごく】昔懐かしいステーキ屋に行ってみた【メトロエム後楽園店】

1970年に創業したレストランせんごくが
メトロエムにも店舗を増やしたと聞いて視察してきた。

当時は、確か春日本店しかなく、
食前に提供されるコンソメスープ
ハチハチステーキ(880円)が売りであった。

安くステーキが食べられる幸せを与えてくれた
せんごくステーキは、何度も訪れた記憶がある。

メトロエム後楽園のエスカレーターを上ると
正面に”レストランせんごく”が見えてくる。

当時の、家庭的な雰囲気とは違い
真逆の高級店に変貌していた。

和牛ではなく、US牛と
オーストラリア牛でありながらも
なかなかのお値段である。

スポンサーリンク

落ち着く店内
癒される店内

入ってすぐにわかるのが、
従業員の対応が素晴らしさだった。

まるでホテルのレストランのような雰囲気と気遣い。
そして、昔からの”せんごくファン”であろう客が多い事で
なんとなく、お店全体が温かいのである。

ステーキ屋ではあるが、
横を見れば60~70代のマダム集団、
後ろを見ればおじさんと・・・
年齢層が高い特徴がある。

みんな、居心地の良さを知っているのだ。。

コンソメスープではなかった・・・

まずはスープが運ばれてきた。

創業時は、コンソメスープであっが
現在はコーンスープに変わっていた。

なんだか少し寂しい。

ステーキハンバーグ&ステーキ1800円

昔は、ハラミステーキがメインであったが
現在のせんごくは、あらびき肉を固めたハンバーグ
(ステバー)がメインになっていた。

しかし、当時の”せんごくバター”は健在で、
・せんごくバター
・おろしソース
・ガーリック醤油
の味が選択できるようになっていた。

ステーキハンバーグは、まさに
ステーキのようなハンバーグで
柔らかいステーキ感覚で食べることが出来る。

噛み切れない肉や筋が苦手など、
ステーキの入門編のようなステバーは予想以上に
ジューシーで美味しかった。

また、付属のステーキは薄かったため
すぐに火が入ってしまいパサパサになってしまった。

もしかすると、ステーキのおいしさを追求する場合は
サーロインステーキの方が良いのかもしれない。
(※メトロエム店にはハラミステーキが無かった)

肉だけに注目しがちだが、
実は、がとても美味しかったのが印象的だった。

懐かしさと、居心地の良さは素晴らしかった◎

子供の頃の激安ステーキ店とは
全く営業形態は変化してしまったが、
また行きたいと思える店であった。

ちなみに、せんごくの隣には
「回転寿司 根室花まる」が出来ていた。

アクセス

レストランせんごくメトロエム後楽園
住所:〒112-0003 東京都文京区春日1丁目2-3
営業時間:11:00~23:00



スポンサーリンク

シェアする

フォローする