【マクドナルド】日本初のテイクアウト&デリバリー専門店舗が便利だった【早稲田駅前ANNEX店】

新宿区早稲田には”マクドナルド早稲田店
という大人気店が存在するが、そこから200メートル離れた位置に

日本初となるテイクアウト&デリバリー専門店が登場した。

スポンサーリンク

早稲田駅前ANNEX店

早稲田駅前ANNEX店は、早稲田駅エレベータの隣にあり
アクセスとしては絶好の立地である。

付近の”マクドナルド早稲田店”は昼時になると
20~30分待ちが当たり前の人気店なので、
少し離れた場所にこのようなテイク専門店を作ったのは
さすがマクドナルドである。

Googleの評価は低いが
実際は・・・?

近年の飲食店は、
食べログやGoogleで評価されてしまう為
経営者にとっては困りものである。

私も過去に飲食店を経営したことがあるが、
過去にこのシステムがあったならば、悩んで禿げ上がっていただろう。
そのくらい、低評価というのは経営者にとって苦しい事である。

特に、”新たな試み”を始めた飲食店や
”開店直後の不慣れな時期”に評価されると辛いものがあり、

初期の不安定なオペレーションが基本と
思われてしまうのは経営者にとっても痛い事である。
特に、開店直後はお客さんが多く、マシントラブルも起こりやすい。

早合点な評価はとても可哀想で
「あ、遅い!」「ムカついた!」と
スグにキレて★星1個にして文句を垂れ流してしまうのは可哀想だろう。

どんな評価でも、実際に
行ってみなければ分からない
少なくともANNEX店は100点

実は、早稲田駅周辺は飲食店が少なく
昼時には早稲田店が満員になり、
多くの待ち時間と、ウーバーイーツの駐輪などの近隣問題を抱えていた。

それが、付近にテイク専門店舗が出来た事で
両方の店舗が円滑に回転するようになったのである。

これによって、ウーバーイーツの配達員もそれぞれの店舗に分かれ、
一般客も”タッチパネル大歓迎”タイプは断然ANNEX店に移行するようになった。

巨大なタッチパネルは海外店舗では当たり前であるが
日本はまだまだ流通していない。
この巨大なタッチパネルはとても見やすく
杖をついたご老人もサクサクと注文していた。

リピートした!
やはり使いやすい

ANNEX店は、広い早稲田通りに面しており
目の前を通る際には、(買いやすいので)寄るようになってしまった。
完全にリピーターである。

行く前にGoogle評価を見て予習をしたが、
わたしから見ればマイナスポイントはゼロで
どう考えても100点なのである。

テイクアウト&タッチパネルが気にならないタイプは
断然ANNEX店が居心地が良いだろう。

マネージャーさん自ら?

3回目の訪問の際、偶然にも
マネージャーらしき方に声をかけられた。

(^ω^ )「日本初の試みです」
(^ω^ )「お店の感想どうですか?」
など、声をかけていただき、
楽しい会話をしてくれた。

彼も当然、Googleの評価を見ていない訳は無く
信頼回復と、新たな挑戦に頑張っている。
私は「星5つニキ」としてANNEX店をいつまでも応援したい。

★★★★★



スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    全国にほしいな