Q.円高になると海外旅行が安くなりますか? 小学生に分かりやすいように教えてください。 円高円安

Q.円高になると海外旅行が安くなりますか?
小学生に分かりやすいように教えてください。
Q.円高円安とは何ですか?
Q.円高円安とは何ですか?
馬鹿でもわかりやすいように教えてください。

円高円安とは、日本円と外国の
お金の交換の仕方が変わることです。

例えば、アメリカのお金はドルと言いますが、
1ドルを日本円にするときに必要なお金の量が変わります。

1ドルを100円で買えるときもあれば、
120円で買えるときもあります。
このように、1ドルを買うのに必要な
日本円の量が少ないときは円高と言い、
多いときは円安と言います。

円高になると、海外旅行に行くのが安くなります。
なぜなら、日本円を外国のお金に交換するときに、
より多くの外国のお金が手に入るからです。

例えば、1万円をドルに交換するときに、
1ドルが100円のときは100ドルになりますが、
1ドルが80円のときは125ドルになります。

つまり、同じ1万円でも、
円高のときの方が25ドル多くもらえるということです。
海外ではドルで色々なものを買うことができるので、
円高のときの方がお得になります。

円高円安は、日本の経済や世界の経済によって変わります。
日本の経済が良くなると、日本のお金が欲しくなる人が増えて、
円高になりやすくなります。

逆に、日本の経済が悪くなると、
日本のお金が欲しくない人が増えて、円安になりやすくなります。

世界の経済も影響します。
例えば、アメリカの経済が良くなると、
アメリカのお金が欲しくなる人が増えて、ドル高になります。
ドル高になると、1ドルを買うのに必要な
日本円の量が増えるので、円安になります。

円高円安は、日本の経済や生活にも影響を与えます。
円高になると、海外旅行は安くなりますが、日本の製品は高くなります。

日本の製品が高くなると、海外の人が買わなくなるので、
日本の会社は困ります。逆に、円安になると、
海外旅行は高くなりますが、日本の製品は安くなります。

日本の製品が安くなると、
海外の人が買ってくれるので、日本の会社は嬉しいです。
円高円安は、日本の経済や生活にメリットとデメリットがあります。



スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク