バターコーヒーダイエットの正しい飲み方とは【完全無欠】

バターコーヒーダイエットはアメリカで注目されている方法で、
日本でもTVなどで紹介されている。
1460474346933

IT業界で活躍する起業家「デイヴ・アスプリー」氏が、
自らモルモットとなり、なんと150キロから100キロへの
50キロのダイエットを成功させた事で注目を浴びる。

チベットの登山中に飲んだ「バターティー」から
ヒントを得て考案したという。
(本人曰く、特別な運動はほとんどしていないらしい)

コーヒー単体でも
こちら書かれている通りの効果は得られますが、
そこにあえて太りそうなバターを入れるというのが面白い発想ですね。

スポンサーリンク

コーヒーにバターを乗せるだけでいいの?

我々のイメージからすると、
マーガリンはもちろん、バターもあまり良いイメージはありません。
なぜなら、脂肪分塩分という、
いかにも体に悪そうな素材が含まれているからです。

146047334353923

しかしながら、
ここで言うバターは、何でも良いのではなく
無塩バターを使用する事

中でも、上質な牛の乳から作られる「グラスフェッドバター」が
最適と言われている。
(通販でも納期に時間がかかるほど人気だ)

!注目のバターとは!

有機農法で育つ牛のミルク使用
香り高く味わい深い発酵バター

値段の相場は2700円前後。
餌に無農薬飼料を利用するなどのこだわりの飼育法で
牛は大事に育てられているので高価になっている。

上質の牛から取れた生乳のみを使った「グラスフェッドバター」、
(コレステロールを調整する不飽和脂肪酸が豊富、バターは血糖値が上がりにくい)
この純正なバターこそ、バターコーヒーに適しています
(原材料:生乳 産地:フランス)

優しさが伝わってくる

グラスフェッドバターを利用したバターコーヒーを飲んだ方は、
「美味しい」「塩分が無いから物足りないけどそれが体に良い気がする」
「ブラックが苦手でもマイルドになり飲みやすい」
という意見が多い。

コーヒーなら何でもいいの?

コーヒーの選択には注意が必要。
インスタントはダメ×、しっかりとドリップ式を選ぶ事。
(もちろん、ファミマやセブンのコーヒーでOK)

作り方
【1】ホットコーヒーを一杯準備する(ブラック)
【2】10g程度のバターを乗せる
【3】良くかき混ぜれば完成(重要)

1460474340655

正しい飲み方

飲み方その1:2回式バターコーヒー
1日2杯飲むという方法が有名ですが、実はこの場合
食事量を減らしにくいので、スムーズに体重は減りにくい。

飲み方その2:置換えバターコーヒー
おすすめの飲み方は、
朝食とバターコーヒーを置き変えるだけ。

朝のカフェイン程よい脂肪
朝のダルさを緩和し、カロリーを減らす事が出来る。
(肥満者特有の、朝食を食べてまた横になってしまう状況を防ぐ事が出来る)

この場合、バターの脂肪分はエネルギーとして消費されるので全く心配は無い。
(20~30g入れてしまっても心配無用だ。)



関連記事
基本のノーマルコーヒーダイエットはこちら



スポンサーリンク

シェアする

フォローする