「パーフェクトヒューマン」がカンナムスタイル「サカナクション」も米米のパクリ?

オリラジの「パーフェクトヒューマン」が、
韓国の「カンナムスタイル」という曲に酷似していると話題になった。

PSY – GANGNAM STYLE


確かに、歌詞こそ違えど
はじめから最後までのリズムがまるで同じだ

「カンナムスタイル」が有名の為、
パクリ疑惑は一瞬話題になったが
歌手というよりは、お笑い路線の為
あまり文句は言われずに疑惑は自然消滅した。
(一応パロディーという事で許された?)

本家の宣伝にも繋がった
日本から検索をかけた日本人が
カンナムスタイル動画を再生しているので
パクられてもその分の利益はしっかり出来ているようだ。
(公式サイトのカンナムスタイルPV利益は推定1.3億程)

同じ国内のパクリならば問題になるが、
他国ならば、今回のようにWIN-WINの関係になる事もある。
「パクリは外国から」が基本と言えそうだ。

スポンサーリンク

カンナムスタイル自体もパクリだった。

実は、カンナムスタイルも
イエローハットのリズムとダンスをパクっていた。
しかもダンスは完全に同じだ。

サカナクション VS 米米クラブ

音楽業界は
これまで、数々のパクリをしてきた。

数年前は、サカナクションが
米米クラブの曲をパクッたと話題になった。

サカナクション/宝島

米米クラブ/shake hip(シェイクヒップ)


確かにそっくりであるが、
聞いている世代も違い、米米も訴えない事から
さほど問題にならなかった。

米米クラブが文句を言えない理由

被害者のような米米クラブだが、
実は本人達も海外の曲に影響を受けたようだ。
これを聞くと、曲のスピードが違うだけでほとんどそのままなので驚く。

Let’s Active – Every Word Means No (Afoot ) 1983



スポンサーリンク

シェアする

フォローする