1つの事で頭がいっぱいになり家族に命令を出し続ける積極奇異型アスペルガー

ここでは積極奇異型+尊大型
頑固な亭主関白モラハラアスペルガーの父親を紹介している。
すべてのアスペルガーに当てはまるわけではないのでご了承ください

アスペルガーは直らない

なんとも悲しい現実だろうか・・

実際に、嫁の受動型アスペルガー
父親の積極奇異型+尊大型アスペルガー
年を重ねる度に症状がひどくなっている。

スポンサーリンク

事件があれば家族の1日が終わる

父親の積極奇異型+尊大型アスペルガーの場合は
1つの事を考えると、他の事を考えられなくなる傾向がある。

例:エアコンが不調事件

例えば、エアコン(ヒーター)の調子が悪い例を挙げよう。

エアコンが不調になった
症状としては、ヒーターは稼働しているが
2.3時間に一回は止まってしまう状況。

通常ならば今のご時世、スマホがあるのだから
調べれば点検する順番など簡単にマニュアルが手に入る時代だ。

しかしながら、父親の場合は
「ヒーターが正常ではない」で頭が一杯で
ウロウロし始め穏やかでなくなる。

何回も玄関ドアを開け閉めし動きが激しくなる。
落ち着きが無くなる。

父親「メーカーに電話しよう!」(焦り

父親「メーカーに電話しよう!」

父親「メーカーに電話しよう!」

(この間に家族を気を使いメーカーの電話番号を調べないとキレられてしまう)

気が短い!短気!

原因を探る努力をしない

とにかく焦っているので
普段以上に家族のアドバイスを聞かない。

私「まずはリモコン設定を確認して、その後は室外機を見て・・・」

と手順を伝えるも全く聞く耳を持たない。

父親「それどころではない電話だ!」

父親「三菱に電話だ!」

とにかく焦っているのだ。

焦るのも分かるが、
脳味噌すべてが向かってしまい余裕がない。
そのため、食事する余裕も無ければ、家族の声が全く入らない。

通常の人間は、何か心配事があっても
仕事や子供の事など、様々な事を頭の片隅で考えているものだ。

しかしながら、アスペルガー父の場合は
1つの事で頭がいっぱいになり不機嫌になるのである。

勝手に焦るのは構わないが不機嫌になり家族が痛めつけられるのはキツイ。

自分で動いた方が早いのに人を使う不思議

アスペルガーは家族のことなど興味はない。

普段は、家族が風邪をひいても全く無関心であるが
いざ自分が熱が出ると大騒ぎるする弱虫である。

自分の時だけ”かまってちゃん”になるのが特徴的
(自分大好き自分に優しく家族に厳しいアスペルガー)

亭主関白モラハラ自己中積極奇異型+尊大型アスペルガーは指令が大好きだ。
すぐに人を呼び出しパシリにする。

父親が一番室外機に近いのに、
なぜか家族を使い命令してくるのが亭主関白の特徴だ。

家族の悩みは放置する癖に
自分の悩みには家族を総動員させるのだ。


LINEから電話からとにかくしつこい。

困れば家族が呼び出される。

呼ぶまでもない事を焦って呼ぶ!

少しでも返事が遅れればブチ切れだ。

頭がいっぱいの時は
家族は出かけられない

エアコンの不具合でパニックだ。

いつ呼ばれるか分からない家族は
外に出る事は許されない。


母は父の「エアコンどうしよう」という話を何度も聞かされ
私はいつ呼ばれてもいいようにスマホをPC前に置いて待機する事になる。
(呼ばれてすぐ行かなければブチ切れ)

焦ってもどうにもならない事を
家族を巻き添えにするやり方は疑問だ。

説明書を読めないタイプは
すぐに解決するために焦ってしまう。

解決するまで何日もエアコン

このような事件が起こると
解決するまで同じ話を繰り返すピリピリした状態が続く。

この日は電話でエアコン点検をお願いしたので
あとは日程の連絡を待つだけなのに焦っている。

手を打ったのだから少し落ち着いても良いはずだが・・・

どんな話をしてもエアコンに戻り
話しても解決できない事を何度も繰り返す。

声に出さないと安心できないのだろう。

例えば我々に技術があり、修理方法を討論できるなら構わないが
基盤も何も分からない状態で、「どうしようどうしよう」
と繰り返しているだけでは無駄な時間だ。

不思議でならない。

挙句の果てには、
エアコンがヤバイエアコンが壊れたに変換されエアコンを買い替える
までに発展してしまうのだ。

点検が来る前に先走って注文してしまった

同じ話を聞かないとキレる

このように、焦りしつこいので
家族も”イライラ”してくる。

そして、同じ話をしっかり聞いてないと思われれば大変だ
「あいつは人の話を聞かない!」
「あいつは大切なエアコンの事をなんとも思っていない!」
などブチ切れ始め数日間不機嫌になるのである。

既に、エアコンの点検をお願いしているのだから
待てば済む話であるが、落ち着きがないので頭の中で妄想し
点検が来る前に、別の業者買い換える話になったりと焦るのである。

頭の中で妄想が膨らみ焦りに焦る!

やはり・・呼ばれる

その後、夕方になり(17:00過ぎ)
エアコン業者からの連絡はもう無いなと思ったので
ストレス解消も兼ねて少し遠くに買い出しに行った。

すると案の定、呼出しの電話が鳴った。

外出中に呼び出されるとガッカリする

保険契約書にサインしてくれ


保険の契約で私のサインが必要だから戻って来いとの事。
(家で待たせているらしい)

なぜ早めに言わないのか?

本人はエアコンの事で頭がいっぱいで
保険担当者が来るのをすっかり忘れていたらしい。

一つの事に夢中になると、
他が疎かになるアスペルガーあるある現象

保険勧誘員に言われるがままに契約し
更に定期的に増額をし”何回も”保険の契約書を書かされるのだ。

保険で8万(月)も払ってるアホ家族は我が家だけだろう。

何か言った所で意見は曲げないから
家族は放置するしかない。

呼出しに悪気無し

これら呼出しが単発なら構わないが、
毎回なので呆れてしまう。
何度出掛けても用事を済ます前に戻る事になる。

急かして帰宅させるのを
全く悪いとも思っていない。
気を使えないのだ。

・家族が気を使って怒らせないようにしている
・家族が振り回されて自由が無い
これらは自覚が無く、
本人は「自分が上手に家庭をまとめているのだ」と勘違いしているのである。

振り回されるのは勘弁だ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    キレるアスペルガー嫌い

  2. 匿名さん より:

    一緒の部署にアスペルガーがいると指導者ぶるが(年上下関係せず)
    一人で仕事すれとなると固まるアスペルガー…

    あれれ?仕事できるアピールしてるのに…