「親が同じ話を何回もする」「自慢話をしてくる」人種

・「親が同じ話を何回もする」
・「親の話が長くいつも同じ内容」
・「友人が同じ自慢話をしてくる」
同じ話は結果を知っているだけに、
少しイラッとしてしまう事があるだろう。

しかも毎日顔を合わせる家庭内にいると
それがストレスになる事がある。

親のお小言から解放された。
同じ話のエンドレスループはしんどい。
歯医者で1時間、先生の親の世間話しに付き合う俺。
良い奴だと思うが、毎回同じ話で飽きないのかなぁ。俺は飽きたw

同じ話を繰り返す脳

ボケてきたのなら仕方ないが、
人間はタイプがあるため若い頃から
同じ話を繰り返す傾向がある人間が存在する。

親といると、愚痴ばっかりだし、
同じ話を2、3回も聞くことになるし、
ずいぶん前の愚痴まで聞くことになるから
こういう大人になりたくないと300回は思う。
親が同じ話何回もしてくるし、そろそろヤバ。
親が毎日同じ話をしてくるから認知症を疑ってる。
接骨院の先生の話面白いんよなぁ…
親の話は同じ話とか多くてネタ切れ感あるから本当飽きる。
同じ話ばかりするから、もう同居は無理。
いつもストレスで外出してしまう。

現に、私の親も同じ話をする癖があり
オチを知っている話を何度も話されるのは苦痛だ。

多くの話は以下になるが、
5種程度の持ちネタを、何回も”はじめてのように”語るので
聞かされる方はなかなか苦痛になる。

そこで「それは聞いた」なんて返せば
頑固な親はブチギレし、余計ややこしくなってしまうので静かに聞く事になる。

【自慢話】
駐車違反とスピード違反で捕まり
警察官を論破して罰金無しで助かった話。

【仕事上の注意】
普通のサラリーマンは金曜になれば
「さぁ!社長!仕事忘れて飲みましょう~!」
なんて宴会になるが、会社を経営している側は
少しも忘れる事は無く、どんなときも
「何か忘れてないかな?」など気にしていなくてはならない。

不思議なのは、その話を
”はじめて話す”と思っているから恐ろしいのだ。

!なぜ気がつかない!?

人間ならば一度や二度の失敗はあるが、
同じ話を30回以上しても気づかないのはおかしいだろう。

スポンサーリンク

古い世代 情報不足世代

このように同じ事を繰り返す人間の特徴としては
人の話を聞かないタイプ”が多い。
新しい情報を次々にインプットしないために
同じ話がいつまでも登場してしまうのだ。

例えば、我が家の場合は、
父親がテレビ世代で、”テレビが絶対”という意識がある。
テレビの誕生を知っている世代なため仕方がないが、
テレビで放送した事=全て正しいという認識をしてしまうのだ。

例えば、飲食系の番組ならば
誰もが(美味しくなくても)「美味しい!」というリアクションをとるが
これが演技だとは気がつかない。

親「あれが美味しいらしいぞ!」
→翌日買ってくる。

情報はテレビが全て

私は、ニュースを見るためにテレビはつけない。
特にワイドショーなどは、枠の余裕があるだけに
一つのニュースを無理に長くしている場合があるからだ。

すると父親は、
「テレビを見ろ!世の中の状況を見ろ」
というような注意をしてくるが、これは正しい意見ではない。

私の場合、仕事上PCを操作する事が多いので
画面隅にニュースを出したりラジオを聞いたりなど
効率良く情報を吸収しているのだ。

特にニュースの場合は、
ダイジェスト風に伝えてくれる番組の方が無駄が無い。

!情報源はテレビだけという固定観念があると時代遅れに!

同じ話を繰り返す人間にならないように

一番大切なのは、自分も
同じ話を繰り返す人間にならない事だ。

常に新しい情報を仕入れ、人と話す際には
この話題は以前話したかな?”と自分自身で
確認する事が必要だ。

しかしながら、ボケていないにも関わらず
同じ話をしてしまう方は、アスペルガーであったり脳に欠陥がある事可能性がある。

通常に作動していれば”同じ話をしないのが普通”だ。
それをあえて話すのなら「前も言ったが」と前置きすれば誤解される事も無いだろう。

同じ話や自慢話をする人間にならないように注意したい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする