アスペルガーと会話が成立しない例 脳の違い 噛み合わない 空気が読めない

アスペルガーと暮らしていると
会話が成立しないモヤモヤストレスとして蓄積する。

何を話しても、噛み合わないのだ。

スポンサーリンク

雨の中弁当を買ってきた話

ある日、母が「夕方に美容院で
夕飯作れないから用意してくれないかしら?」
と私は夕飯を任された。

面倒だが、カサンドラの母を助けてあげようと
だが)東京駅まで行って駅弁を買う事にした。

購入&帰宅

弁当のためだけに
電車に乗り買ってきた。

蒸し暑さ、雨で全身濡れていて
とても不快な買い物であった。

報告

私「ハイお待ちどうさま」

母「暑かった?」

私「蒸してて汗だくでイライラだったわw」

と会話が始まると
父が会話に入ってくる。

父「雨なの?」

母&私「え?!」

※父の部屋周辺は窓だらけであり
外は暗く雨のまで聞こえている。
あまりの鈍感さに驚くばかりである。

母「朝から雨が降ってたじゃないの?」
私「ずっと雨だよ」

父「へー」

私「それでね、東京駅に着いたら新しい・・・

父「今は22℃だぞ!」

母&私「え?!」
父「そう22℃」
私「へぇーそうなんだ」
(なんで温度の話になるの?)

私「それでね、東京駅に着いたら・・・」

父「いま雨なの?」

母&私「え!?」
(さっき言ったじゃーん)

このように会話が成立しない。

父の場合は、家族に興味はなく
”に全集中しており、会話の方向性が違うのである。

ずっと家にいる父は、
弁当を買いに行った息子の事など想像もできないばかりか
目の前の雨と気温にしか眼中に無いのである。

以上のように、健常者と思考が全く違うので
言葉のキャッチボールが成立しない。

そして、話を聞いてくれない父に呆れ
話の途中でも止めるのがカサンドラである。
(こちらの話は聞いてくれないアスペルガー)

それでいて尊大型なので
・自分は完璧
・自分は空気が読める人間
・自分はとても器用な立ち回りをする
と思い込んでいるのだから

恐ろしい。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 飼い竜 より:

    カサンドラ症候群の症状が世界中にご理解してくれますように…

    • こんにちは、コメントありがとうございます。
      これで、「今言ったじゃん」なんて言えば、
      尊大型はすぐにブチ切れてしまうので困りますね。
      話をしていても会話になっていない・・・恐ろしい事です。

  2. もと57才会社員 より:

    カサンドラ症候群はごく至近距離にいる当事者にしか理解されません。だって、面倒な奴からはみんな逃げて傍観者になるから。最後に逃げ遅れた者だけが、ドラえもん、母親、老人の痴呆介護、の役目を押し付けられ、地獄に付き合うことになるのです。

    • 匿名さん より:

      まさに「地獄」が相応しいですね。
      はじめから最後までバカの相手は拷問ですな

    • こんにちは、ありがとうございます。
      外面は「明るい人」「陽気な人」で通してますが
      家族には暴言&ブチ切れ&構ってちゃんと態度が全然違います。
      外と中では人格が違うのは恐ろしい事です。

  3. 匿名さん より:

    バカなのにすぐ怒るんだよね
    そして直接バカと言えばさらに怒るw

    • 匿名さん より:

      合理より気分を優先してしまう人ってすぐ怒る

  4. 匿名さん より:

    友達と遊び始めてもすぐにトラブル。すぐイラついてすぐ怒る、自分のやり方でしか許さない、ほんとやだ
    野球のルールも覚えようとしないでサードに走ってそれがルールだと押し付けるのが尊大型アスペルガー

  5. 匿名さん より:

    アスペほんと馬鹿だよな