日本が退化しているとつくづく思う

嫁は常に受けスタイル
自ら進んで新しい事を吸収する姿勢が無い。

別にそれは構わない。

ただ、珍しく動くとまず失敗するのだ。

「モノマネライブあるよ。みんなで行く?」

「いいね。家族で見れるね。」

でも待てよ!

いつもの事だ・・・怪しいっ

「胸騒ぎがするから一応やめておこう」

そして当日・・・

台風。

やはり。。

夏休み工作体験

夏休みの工作体験。
子供には勉強になるが、
嫁が勧めたのはママ友に誘われたのが理由だ。

学ばせたいという姿勢よりも、
・子供が家にいないと楽
・誘われたから
を優先して考えているので
こちらとしては気持ちが悪いのだ。

!あくまで子供の意見を尊重してもらいたい!

これも嫌な予感がしたが

・・・

台風。

タイミングブス過ぎる。

もちろん嫁は、このような時には
子供を連れて行かないので(出不精)私が付き合う事になる。

そして、工作教室に入ると、
予約制なのに座席が全て埋まっていた。

もちろん応募人数分の座席があるのだが、
一部の空気の読めないママ達まで着席しているのだ。

一昔前ならば、先生が
「生徒の席なのでお母さんは立ってください」
と注意するのが普通だが、

最近の教育方針として
生徒や親に叱ってはダメ的な風潮がある。

完全に日本はダメになってるじゃないか・・。


ボランティアのおばちゃんも
それを口に出さず黙っている。

ここは正義感の強い私は言いたいところだが
子供がいるゆえに変な恨みを持たれてもいけないし、なんとも難しい。

仕方なく運営側は急遽
教室を1つ借りて対応してくれた。

この流れに気がつかない
ダメ親がこんなにいるとは驚きだった。

こんな事情があり、
一番最後に作業を開始する事になったが
器用なので一番に完成。

気分が悪いので
一目散に帰った。