竹峰に宿泊した結果!プレミア客室の感想 都内では珍しい露天風呂付き

気になっていた竹峰に宿泊してきたので
良い点や気になる点など報告致します。
宿泊前の予習として参考にしてください。

家族でも子供連れでも宿泊できるのか?

新宿区にある雅宿(みやびやど)竹峰
建物の風貌から、連れ込み旅館じゃないのか?
と不安になる人も多いでしょう!

実際、昔は連れ込み旅館という経営をしていましたが
現在は改装し(2014年10月14日)、
改装後には”家族で泊まれるホテル”として再出発しました


建物自体は築40年を越えますが
(改装をしたため)内装はリフォームされ、
潔癖症気味の私でも大丈夫でした。
受付からお部屋までは清潔感に溢れ、高級旅館に来た感覚を得られます。


至る所にを感じる部分があり、
外人さんから高評価されている理由が分かります。

特徴としては、新宿区でありながら
下落合という静かな場所であるため、
周辺に人が少なく非常に落ち着く事です

スポンサーリンク

宿泊したのは露天風呂付き客室

■和室プレミアタイプ客室
55平米/バス・トイレ付
■洋室プレミアタイプ客室
50平米/バス・トイレ付
の2ヶ所と、食事について解説します。

一階の裏口を通り日本を感じる。
プレミア客室の特徴は、
一階フロントの裏口を抜けて進み
部屋が離れにあるような作りになっていて、とてもお洒落です。


あえて遠回りさせるお洒落な作りで、
その裏道にワクワクしてしまう匠の技。

裏道を歩き部屋に向かいます。

東京にいる事を完全に忘れてしまいます。

和室プレミアタイプ客室105

和室プレミアタイプ客室は55㎡と竹峰では一番広く
内風呂とは別に露天風呂も備わっています。
嬉しいのは寝室、和室と2部屋ある事です。
※プレミア和室は105と101の2部屋がある。

広すぎる玄関

メインの和室

部屋は明るいので、薄暗いのが苦手な方におすすめ。

寝室

※和室と寝室両方に巨大液晶テレビがあります。

気になった点は、壁が薄いのか
103のドアの音や人の気配を感じた事です。

洋室プレミアタイプ客室102

洋室プレミアタイプ客室は50㎡の広さで1部屋しかありません。
フローリングタイプで和室が苦手な方に最適です。
1部屋タイプとはいえ、廊下や内風呂は和室よりも広いので
個人的にはこちらのほうが好みです。
もちろん102にも露天風呂があります。

広い玄関

和洋室

こちらは和室とは反対に薄暗いので
和室のように明るくならないムーディーな部屋です。

内風呂

洋室の内風呂は広く、
なんとサウナまで付属しています。
内風呂ではジャグジーテレビを見る事ができます。

露天風呂

全ての露天風呂は似た作りで
底が深いので、湯量が必要です。
早めにお風呂を溜めるのがおすすめです。
※内風呂、露天両方にバスタオルが用意されているのは優しい!

アメニティグッズが充実

アメニティグッズは充実しています。
基本的なものはもちろん、洗顔や乳液、クレジングオイルなど
女性が必要とするものが一通りあるので、忘れ物をしても全く問題はなさそうです。
またドライヤーは、ノーマルタイプとクルクルドライヤーの2つが常備されています。

洋室の気になる点
宿泊して気になった点は、
冷蔵庫が古いのか、たまに訪れるキーン音が少し気になりました。
あとは、壁紙がはがれていたり、ガラスのヒビなどの
細かい改善点はいくつかありました。
リニューアルしていても
このようなところで築年数を感じますね。

しかしながら宿泊したことは大成功で後悔は全くありませんし、
和室のように他の部屋の音も気にならず、とてもゆっくりする事ができた。
次回もこの部屋に宿泊したいと感じました♪

!洋室はとても気に入った!最高


和室と洋室共に、ドリップコーヒーメーカーがあり
空気清浄機(加湿可能)もあり、
とても気を使ってくれているのがわかります。

夕食や朝食についてはこちらをご覧ください。

雅宿(みやびやど)竹峰の空室状況をチェック

スポンサーリンク

シェアする

フォローする