偽アマゾンからのクレジットカード更新要求に注意

アマゾンを名乗る巧妙な迷惑メールが登場。
以前のアマゾンを名乗る迷惑メールはこちら

待って!パスワードを打ち込まないで

迷惑メール本文

Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。
お客様のAmazonプライム会員資格は、
2019/01/11に更新を迎えます。
お調べしたところ、会費のお支払いに使用できる
有効なクレジットカードがアカウントに登録されていません。
クレジットカード情報の更新、
新しいクレジットカードの追加については
以下の手順をご確認ください。

アカウントサービスから
Amazonプライム会員情報を管理するにアクセスします。
Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpの
アカウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払い方法」
の下にある「支払い方法を変更する」のリンクをクリックします。

有効期限の更新または新しい
クレジットカード情報を入力してください。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、
会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードに
会費を請求させていただきます。
会費の請求ができない場合は、
お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、
得点をご利用できなくなります。

Amazon.co.jpカスタマーサービス

※本文の画像は改行が少なく、
日本人であれば考えられない文章だ。
クレジットカードと連呼するのもおかしい。

スポンサーリンク

タイトルがまず怪しい
怪しいタイトルに注意しよう

件名:Amazon緊急事態
件名:Amazoneプライムのお支払いに
ご指定のクレジットカード有効期限が切れています!

AmazonとAmazoneの2種が存在

以上の件名でメールが届いたら要注意!

メールアドレスが雑

メールアドレスも完全に怪しい
shushi02@s19.coreserver.jp
haishien03@b23.coreserver.jp
(アマゾンの欠片もはいっていない)

よくある差出人名

Amazon緊急連絡
Amazone(アマゾーン)
Amazon Services Japan

受け取った方の感想

迷惑メールフォルダに入ってた。
違うアドレスから複数来てるので
絶対迷惑メールだと分かった。
「Amazon緊急事態」なんて子供騙しなタイトルで糞ワロタ。
タイトルが長すぎて頭が悪くてワロタ。
迷惑メールのAmazonを装ってきたのが
Amazonesだった…アマゾネス…誰だ…
amazonじゃなくてamazoneになってるし。
改行できない知恵遅れでワロタ。
アマゾンじゃなくて、アマゾネ
「怒られない程度に言い訳を用意しておこう」
という感があって、苦笑い。
途中までのリンクはガチで、最後だけフィッシングサイトとか怖い。

本家アマゾン側から注意喚起

本家のアマゾンでは、ヘルプページの上段に注意喚起として
迷惑メールに騙されないように注意を促している。

Amazon.co.jpを装い、お客様の情報を不正に取得する詐欺が発生しています。
不審なEメールやSMSなどが届いた場合、絶対に添付ファイルやリンクを開かず、
記載された電話番号には連絡しないでください。

本物かどうかの識別方法

本物のアマゾンからか?の確認方法は各種存在する。

その1 メールアドレスの確認

アマゾンを利用しているメールアドレス宛に
メールが届いているのか?
これだけで判断ができる。
例えば、PCメールで登録しているにも関わらず
携帯にメールが来るならば、自動的に迷惑メールになる。

その2 メールの内容

詐欺メールには特徴があり
多くはクレジット番号の入力や
クリックの要求、電話の要求等がある。

特にタイトルの怪しさ本文の違和感には注意が必要。

以下よくある詐欺文章例

未納料金があります。
支払わないと法的手続きに移行します。
この電話番号に電話してください
未納料金をAmazonギフト券で支払ってください
あなたのAmazonアカウントは
新しいブラウザからログインしました
不正アクセスの可能性がある場合には
こちらのサイトにアクセスしてご確認ください。

以上のような内容には注意深く対応してもらいたい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする