【都庁】新宿運転免許更新センター【マニュアル】

都庁の免許更新の場所は?
免許更新時に注意しなければならない事は?

都庁内にある新宿運転免許更新センター
にて更新する場合は、優良ドライバー又は一般ドライバーに限ります。

※ハガキの更新場所の欄に、〇が書かれているか確認する事。

新宿運転免許更新センターはどこにあるのか?

新宿運転免許更新センターは、広い都庁内にある。
新宿駅から向かう場合は、地上よりも地下道を通った方が迷いにくい。


東京都庁 第二本庁舎
西新宿2丁目8-1 都庁第二本庁舎 2階 03-3343-2558
※以前は一階であったが現在は2階北側

都庁は、第一第二と別れているので
都庁第二本庁舎に入り、エスカレーターで2階を目指す。

2階に上がると、警視庁新宿運転免許更新センターの入口が見つかる。
入場したら、ハガキを持ち左側の【1番】の総合受付からスタートする。

※右側に証明写真機があるが、更新の場合は不要なので要注意。

スポンサーリンク

更新は早い

更新の流れは非常に早い。
全部で番号は【1番~9番】まであるが、
混んでいなければ10分程度で終了する。

※混んでいる午後でも、流れが早いので苦痛になる事はない。

講習について

優良講習30分と一般講習60分は
1日中開催しているので、特に優良であれば
殆ど待つことなく授業が始まるようになっている。

優良運転者講習
平日:午前8時30分から午後4時00分まで
講習時間:30分
手数料:3,000円

※手数料料金の内訳は
更新手数料2500円 優良講習料500円

一般運転者講習
平日:午前8時30分から午後3時00分まで
講習時間:1時間
手数料:3,300円

優良講習 授業内容について

1番~9番の工程を終了すると
今度は40メートル離れた教室に案内される。

教室に案内されたら、
まずは封筒に入った教科書を受け取り
(机の上に置いてある)
空いている座席に着席しよう。

朝一番の講習ならば8人程度であるが、
14:20頃の講習時には超満員であったため、
出来るだけ午前中に講習を受ける事をおすすめしたい。

授業中は当然ながら、
居眠りやスマホの操作は禁止である。

優良講習の内容は、
はじめに新しい道路交通法や主な事故などを10分程度語り、
その後はVTRを見るという内容である。
”車は凶器にもなる”という怖さを教えてくれる気を引き締める内容であった。
車は便利であるが、常に危険と隣り合わせである事を忘れてはならない。

授業終了後には、教官が1名ずつ
番号で呼び出し新しい免許を渡してくれるが、
免許を受け取った時点で更新作業は完了になる。

居心地重視派は早めに

前回は午前中は快適な授業であり、
今回は超満員で空気が悪い中での従業であった。
居心地を重視したい方は、できるだけ午前中の免許更新をおすすめしたい。

高齢者免許更新を見てきたらヤバかった



スポンサーリンク

シェアする

フォローする