【江川】前野宿川の源流を見てきた【埼玉県川口市】

利根川水系毛長川の支流である
前野宿川の源流を探ってみました。

地図を見ると、歪な形をしていますが
カーブする部分が舌に似ているため
舌状台地と言われています。

上空写真を見ると、舌状台地沿いに
水路(前野宿川)があり面白そうです。

いきなり源流へ向かう

最寄駅の都合上、いきなり源流に向かい
その後は下りながら、江川との合流地点(ゴール)に向かいます。

まずは埼玉高速鉄道線埼玉スタジアム線の
戸塚安行駅1番出口からスタートします。

駅を出たら右に曲がり南下します。

するとすぐに名もなき水路がありますが、
埼玉には水路が無数にあるので、
中途半端に追わず、前野宿川だけに焦点を絞ります。

前野宿川のみならば2.5キロ程度の距離ですが、
最寄駅が遠い為、案外歩きます。

戸塚安行駅から源流までは2キロ以上ありました。

スポンサーリンク

いきなり源流を見る!

安行領家付近にある源流(多分)は
壁などで覆われていると思いましたが
空き地になっており、源流らしきものを発見しました。

チョロチョロ水が湧き出ていて
下流を見るとこのような風景です。

ここから下ります。

暗渠ゾーンを下る

まずは蓋をされた暗渠ゾーンが続きます。

源流直前こそ進入禁止であるが、
それより下流は解放されています。

水路に蓋をしているコンクリートがカタカタと音を立てます♪
車が侵入できないように柱も立てられています。

夏場は注意した方が良い

前野宿川江川は、
日陰ポイントが少ないので
気温の上がる時期には注意が必要である。

源流から400メートル程歩くと
右側に安行天沼公園があり、暗渠上には
ベンチが用意されているので(日陰)休憩に使える。

そして、開渠になった後は
少し迂回を余儀なくされるが、

方向を間違えないように辿れば
両脇に車道のある前野宿川が再度現れる。
(川口市安行吉岡2570-2付近)

始めは一方通行かと思ったが違った。
道幅が狭いので、車のすれ違いに苦労する車両も見かけた。

この付近の水の様子。
前野宿川は至る所から少量の水が集まっていた。

舌状台地のカーブ

緑ヶ丘第二公園付近から
舌状台地のカーブが始まり面白くなる。

台地と言われるだけに、
舌状部分の土地は少しだけ盛り上がっていた。

ただ、すんなりカーブを曲がれないのが水路である。

行き止まりになったら、内側を進み距離ロスを防いだ。

迂回していると、目の前に
安行吉岡公園と書かれた小さい看板を発見!

気になって中に入ってみたが
小さい空き地のみしかなかった。
(地図上には存在しない)

再び前野宿川を見つけると
水量が異様に増えていた。

首都高速川口線

前野宿川を辿ると、前方に首都高速川口線が見えてくる。

高速の下には一般道があり、20メートル程暗渠になる。

暗渠上には横断歩道があり、
日陰のため第二の休憩ポイントになる。

この日は32度を越えていただけに
貴重な休憩を取る事ができた。

水路補強工事?

首都高速川口線を越えると、
今度は前野宿川の工事を見る事が出来た。

一瞬、暗渠化工事か?
と思ったが、補強工事のようだ。

氾濫防止用の前野宿川調節地(貯留量 50,600 m³)が存在した。

ゴール付近になると家屋が増え、
川沿いを歩くのが難しくなる。

江川と合流

ゴール地点からの風景。

西側から江川、東から前野宿川が合流し毛長川が始まる。

この後、江川も辿りたかったが
日差しが強すぎてギブアップとなった。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする