競艇【負けにくい平和に楽しむ 万舟を当てる ボートレースの賭け方】

勝てない!負けた!不公平!ズルい!八百長だ!当たらない!
ギャンブルには文句や罵声がつきものである。

パチンコの世界では・・・

二週間で30万負けた
勝てないんだが

出玉が減ってP機では勝てない

また隣のBBAが当たりやがった

今のパチ屋の客層マジで終わってんな
俺もお前もアイツも見るからに底辺丸出し

競馬の世界では・・・

前が壁になってんじゃねぇよ!
ちゃんと捌けよ!

デムーロ〇ね!

俺の人生むちゃくちゃや・・・
家賃使っちまった。。

競艇の世界では・・・

展示詐欺するな!
糞野郎!

握ると思ったのに
差すんかい!クソガ!

B1にやられる〇野は早く辞めてしまえ!

ダメだ全部当たらん!
ミッドナイト行こ

若松暴動ものだろこれ
紐最有力の〇〇まで巻き込みやがって
まじ全返還しろや!金返せ!

お金を賭けている以上、
ファンの負債が膨らめば、怒りが湧いたり脱力したりと
楽しいはずのギャンブルが楽しくなくなってしまうのである。

スポンサーリンク

競艇は遊びやすい

パチンコの場合は、
ホールに行かなければならない無駄な時間が生じ、
競馬の場合には配当以前に頭数が多すぎて
全敗は当たり前である。

ギャンブルは当たらないと何も面白くはなく
ストレスが溜まるのは誰もが知っている。

一方、ギャンブルの中でも
競艇は遊びやすいと個人的には思っている。

・6艇でレースをする
・全通り買っても120点
・配当は低いが穴が良く出る
・PCやスマホから買える

競馬のような100円が100万円になることは絶対に無いが、
程よい配当で楽しむという点では、これほど便利な遊びはない。

負けから学ぶ正しい賭け方

ギャンブルの負けは糧となり
二度と同じ過ちを起こさないぞ!”という強い決意を生む。

負ける怖さを経験した人間は強く(用心深く)なる

例えば、4円パチンコから1円パチンコにレートを落とした方は非常に賢い。
プロでない以上、適当に座って打っては100%負けるため
エンジョイ派は早々と1円パチンコに落とし、
楽しみを優先にした方がストレスが溜まらないのである。

競艇は確実性が無い

パチンコの場合、”良い台”があれば
絶対に勝てるが競艇は違う。

競艇の場合は、どんなに技術がある選手でも
スタートで出遅れたり、不利を受ける事がある。
1号艇でA1選手が飛ぶなんてことは珍しい事ではない。

確実性が無いものは、いくら夢中になっても研究しても
しっかりとマイナス収支に収まるのである。

お金持ちは本命に大金を投入

1レースあたり、1000~数万円使うお金持ちの場合は
例 1-23-234
などの配当が低いが固そうなレースに
大金をぶち込む事になる。

しかしながら、我々庶民が真似をすれば
数日と持たずに資金が底をつく事になる。

100円エンジョイ最強説

私の場合は、基本は豆券と言われる
100円単位の舟券購入が基本である。


まずは基本形の単勝100円買いである。

もちろんこれでは勝っても、たかが知れてる世界であるが
最低でも1000円で10レース楽しめるのである。

たった+60円でも、自分の予想が当たれば面白い。

万が一、他の選手に大金を賭けて負けていたら
”ストレスが溜まる”事になる。

特に(1日丸々)休日を競艇に費やす時などは
100円単勝で”負けにくい”遊びをする事が理想的だ。

程よい配当を狙うパターン

当然、単勝だけでは増える楽しみが無いため
3連単ボックスや、2連単流しを買う事もある。

負担にならない”余裕がある時期にだけ
普段より多めに買うのである。

それでも、購入レース数は少ない所に注目。
全部のレースをガブリつきで見るような時間の無駄はしない。

例えば、家族サービス前に舟券を仕込み
帰宅後のお楽しみ(答え合わせ)にするのも面白いだろう。

確実性のないレースに真剣に向き合っても無駄なため
あくまで”楽しむ”、程よい当たりが”活力になる”など
自分に良い影響を与える範囲内で賭けると絶対に破産しない。

大勝負は1日1回

例えば、以下のような賭け方も面白い。

休日に”競艇を1日見て楽しもう”という日には
全レース購入すれば当然負ける。

例えばこんな楽しみ方がある。
はじめに最終レースの”穴から3連単総流し20点”を購入しを仕込むのである。

もちろん、こんな買い方を全レースやっていたら負けるため、
それ以降は、できるだけ100円単位で単勝で回収するのである。

はじめに投資した2000円を取り戻す作業”に徹し
最終レースまで(ワクワク感を持続しながら)リスクの少ない戦い方をするのである。

この日は最終的にメインは外れてしまったが
1日楽しんで-790円だったのだから大成功だ。

G1で大穴を狙う

グレードレースでは、なんとなく
賭けたくなってしまう方が多いだろう。

競艇をやればやるほど、知っている選手と
思っているように動いてくれるA1選手が買いやすくなるからだ。

当然、A1選手はミスが少なく
多くは1号艇が絡み配当が低い。
全レースを買ってはただの養分だ。

もちろん100円勢であれば、
インが負けそうなレースを狙って高配当を狙うのである。

・1をとりあえず外す
・135のBOX予想ならば、1頭の買い目は切る(4点に減る)
などの買い目を減らし、3連単(穴狙い)を1~4点で収めると大敗しない。

↓(例 調子の悪い山崎選手を外した穴狙い)

穴狙いならば、的中率は下がるが回収率は上がる為
トータル的に負けるのは当然としても”落ち込むほどの負債にはならないのである。

負けて選手を恨んだり文句を言ってしまうのであれば
競艇を楽しめないばかりか(破産に向けた)危険な勝負になってしまっている。

・レースを絞る
・真剣に予想しすぎない
・好きな選手から賭けて負けても許す

などの、負けても後悔しない100円買いは
口座が空っぽにならない楽しみ方である。

パチンコならば1日で5万以上無くなるのは普通だが
競艇の豆買いならば1ヶ月間は十分に楽しめる。
最終的に負けるギャンブルには”低投資”で楽しむ事が必要だ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。