1つの事に拘る頑固アスペルガーの父を持つ方集合 被害者の会

一つの事に拘る&夢中になる
偏ったアスペルガーの特徴がある。

これは決して悪い事ではない。
なぜならプロの世界でもアスペルガーが多いからである。
努力も惜しまないほど夢中に(技術を高める事に)
没頭できる精神があるの素晴らしい事である。

低レベルの拘りが強いアスペキツイ説

ただ、家庭のアスペルガーは家族を撒き沿えにし不快を与えてしまう事がある。
アスペルガーの中には”扱いにくいタイプ”が存在し
家族を巻き添えにするタイプは特に嫌われる傾向にある。

・人の話を聞かない
・自分の主張は押し通す
・他人の苦労は理解しようとしない
・自分が思った時に動く
まるで亭主関白のような頑固な動きは
家族のストレスを増幅させるのである。

頑固アスペルガーにうんざりの声

アスペルガーの父は、
細かい事への拘りが非常に強く、
リビングにホコリ一つ落ちてただけで
発狂するほどの綺麗好きと言うか潔癖症です。

一つの事が気になると全てがそっちへ向かう
完全なアスペルガームカつく。

スポンサーリンク

下らない事に頑固と拘り

例えば、「勉強しろ」や「挨拶しろ」などの叱りは全く構わないが、
くだらない事に対してシツコイ注意をしてくる事がある。

ただ、その拘りが一生続くのなら良いが、
数日後には”それは無し”になる日替わりである事が問題だ。
(自分が気になった時だけ従わせようとする行為)

カーテン閉めろ!

カーテンを閉めたものの、
少しでも隙間があるとキレるのである。

もちろん、自分が隙間を作った時には「そうだっけ?」とトボケ
自分のミスは絶対に認めないのが特徴だ。

本人は、トイレの電気や玄関の鍵閉め忘れ
これらは家族が注意しても完全スルーするのである。

卑怯だ!

お風呂の追い炊きに告知せよ!

昔と違い、今や自動で湯沸かしする風呂が増えた。
タッチパネルで水量を決め、湯沸かししたり安全に操作が出来る時代である。

沸かしたい者がスイッチを入れれば→沸く
知らない者が再度追い炊きを押しても→自動で止まる

これはパネル式を使っている家庭では常識だ。

驚愕!

しかしながら、これにあえてアスペの拘りを入れてくるのである。

最早、この表示は何なのか?!
理解不能で面白いだろう。

(何もする必要は無いのに)
札にて沸かしている時沸き済の合図をしろというのである!

この札で現在の状態を伝えないと

母が叱られる事になる。。。。(TT)

母の余計な仕事が増えるw

換気扇とライトはセット

換気扇にも強いこだわりがある。

換気扇はスイッチを入れれば、その音は誰でも聞こえるものだ。

しかしながら、換気扇と豆電球を同時に付ける事を押し付けられるのである。

母「そんなことしなくても消し忘れないわよ」

父「うるせえええええええ!
点灯していれば回ってるとわかるだろ!」

変態的な拘り!

日替わりに家族困惑

困るのが、それぞれのルールが日替わりである事だ。
例えば、父の通常は10時に起きて活動を始めるのんびりスタイルであるが
最近は何かのキッカケで生活がズレ、8時に起きるようになった。

すると、急に拘りを発揮し
「俺はいつも朝早くから玄関を掃除してるんだ!
お前らも気が付いたら朝にやってみろ!」
とキレるのである。

(え~いつもあんた寝てるじゃん!なんて言ったら逆ギレだ)

恐らく、コロナ自粛は全然平気であるが
アスペとの共同生活に”狂ってしまいそうな方”は存在するはずだ。

今後も監視を続ける。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    頑固ジジイマジきつい