【10~30万狙い】10万車券を当てる方法【取りたい買い方】

「10万車券を取りたい当てたい」
「10万車券を当てる方法・・・」
穴党は万車券→5万車券→10万車券と
今までの負けを一撃で取り戻す、または
支払いを一気に済ますなどの夢を見るものである。

しかしながら現状は、コロナ禍を境に厳しくなった。
ご存知の通り競輪の殆どのレースが7車立てになり
高配当が出る確率が下がってしまったのである。

9車であれば5~10万車券は珍しいものではなかったが
現在は「穴が出ても1万円台が多い」状況だ。

みんな負けている

まず、公営競技はみんな総合収支はマイナスだ。
年間単位でプラスの人も存在するが、
人生を総合すればマイナスに推移するのが公営である。

ただ、還元率が高い為にうまく付き合えば
あまりお金をかけない趣味にする事が可能である。

私の場合は1日の最大投資を5000円以下に抑え
点数を絞るなどの工夫をしている。

知れば知る程取れなくなる万車券

イメージが万車券GETの邪魔をしてしまう事がよくある。

例えば、競艇であれば以下のような枠順があったらどうだろうか?

1平山智加
2谷川里恵
3土屋南
4大山千広
5遠藤エミ
6西橋奈未

ある程度、レースを見ていれば
我々は”決め手”のある選手や”2着まで”の選手など
勝手に脳内で決めつけ予想をしてしまうのである。

無難に行けば平山であるが、
スタート一撃の可能性が大きい大山頭も外せない。
更には大外でこそ買いの西橋もいる。

しかしながら、このようなレースが大穴を演出する場合は
「谷川が勝つ」というまさかの結果が出てしまうのである。

予想の時から既に”3着”までが精一杯であり
予想の時点で負けている状況だ。
これでは大穴をゲットする事が出来ない。

また、競馬であれば「福永は詰まるから軸で買いにくい」、
「川田はG1で2.3着ばかりなんだよなぁ」などの
イメージが脳裏にあるために馬券の傾向もある程度決まってしまうのである。

スポンサーリンク

1レースの展開は1つ

どんなに考えても、どんなに車券を買っても外れるのが競輪であり
7車立ての3連単は210通りもあるため、どんどんすり抜けて外れていくものだ。

相手を間違えたり2着が抜けたりなど
”程よい悔しさ”で更に投資させるのが胴元の狙いである。

!悔しくなったら負け!

例えば、競輪ライブ中継の予想では
新聞記者OBの予想が表示されるが

その多くは、両ラインからの予想が出され
当たってもガミる可能性がある。
※1レースあたり10点近い買い目を出す番組が多い

もちろん”的中率”重視ならばこれで構わないが
私のような穴党は絶対に両面狙いはしない。
1000円使って1500円戻ってきてもリスクだけである。

散財しても構わないお金持ちならこれで構わないが
私の場合は低資金で高配当が目的なので
”何か当たりたいから買い目を増やす”行動は絶対にとらない。

!熱くなったら負け!
!買い目は少なく!
!全然当たらない日があつても気にしない!
!その日を勝ちに行かない事!

特に7車の場合は、1~3点が基本で
相手ラインが完全に弱く”穴が出ない状況”では絶対に買わない。

いくら穴狙いだからといっても
足のない選手を買っては無謀である。

高配当は9車立てを狙う

足のある実力者が揃うグレードレースでは
展開一つで不人気のラインが突っ込んでくる事もしばしばである。

今回は共同通信杯決勝についてであるが、
「脇本の超人的脚力」「山崎賢人の爆走」「賢い松浦」「貫禄抜群新田」
郡司がいないとはいえ、凄いメンバーが揃った一戦である。

当然、我々は脇本、山崎、新田、松浦あたりから狙う事になるが
単騎が多く、4車ラインの先頭山崎がレースを作り目標にされる。

並び予想 3568 4 7 9 1 2

まず穴党としては、山崎がラインを引っ張り”アタマは無い”と消す。
そして強力な脇本は「早めに攻める」事が噂されていただけに
漁夫の利を考え、荒れそうなレースと踏んだ。

そうなると新田山田松浦から狙う事になるが、
穴党なので”落車又は失格”が出ると決めつけて
新田又は山田がゴチャゴチャする事を期待し消した。

もちろん何かあれば、後ろにも影響するため
吉澤又は中本どちらか生き残る事を期待した。

それでも穴と言えばメロンである。
買い目のどちらにも6を入れた夢車券で挑んだ。

9車立てのお祭りなので
このレースだけは幅広く攻める。

車券は午前中に購入して、
あとはレースを見ずに家族サービスで1日過ごす。
(当たるわけないと思い、賭けた事を忘れ期待しないのが一番良い)

ガブリ付きで見ていると
余計なレースまでも購入する危険があるので
見ないのが一番だ。

答え合わせは帰宅後又は寝る前

新田が失格狙いだったので吉澤中本を期待したが
吉澤は落車してしまった。。。

しかしながら、中本が生き残り、
松浦園田を差してくれたため的中となった。

大穴は完全に運であるが
やはり”何かアクシデント”が無ければ起こらない。
中本の頭はありない」この先入観を捨てたことが大きかった。

ビギナーズラックで万車券を得た経験がある方は
あのころの「無知」「先入観無し」を思い出してほしい。


因みに、後で知った事であるが
ヤマコーも中本の優勝を予言していた。

山口幸二「優勝は中本匠栄。
山田英明が失格しての繰り上がり優勝だが
『運も実力のうち』
3年前に頸椎骨折した同じ場所、
同じ日に優勝、神様も粋なことをするなー。」



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。