えぇ?健康だと思っていたグラノーラは実は太ると話題!

717

グラノーラ、フルーツグラノーラは、
栄養たっぷりでダイエット食として人気だが、

グラノーラは砂糖がいっぱいなのでダイエットには不向き

というが広まったことがある。

果たして本当だろうか?

スポンサーリンク

グラノーラに含まれるドライフルーツは太る?

袋詰されるまでの過程で、
ドライフルーツは加熱処理されてしまうため
代謝には欠かせない酵素が含まれていない

酵素が含まれないフルーツの果糖というのは
砂糖と同じ消化処理となって血糖値が上がりやすく(太りやすく)なってしまうというのだ。

なんかネットニュースでやってたけどホント?

グラノーラがダイエットにいいなんて誰が言ったんだ…
グラノーラはお腹持ちもよくないし、
砂糖いっぱい。太るおやつだと思ってる。

砂糖の絶対量が多過ぎる?

ドライフルーツの果糖を無視したとしても
グラノーラには、大量の砂糖が使われている事が気になる。

86711
出典:カルビーフルグラ

グラノーラの成分表を見ると、砂糖がたくさん使われている事がわかる。
(成分表は、含有量の多い順に記載しなければならないルールがあるため、
2番目ということは、多めであることがわかる)

実際食べてみても、グラノーラやコーンフレークは非常に甘いので美味しい。
各社平均すると、およそグラノーラの10%が砂糖で占められている

砂糖は血糖値を急激に上げ、脂肪を溜める?

甘い物(砂糖)を摂る癖をつけると、脳が中毒状態になり
毎日多くの砂糖をとらないとならないと錯覚してしまう場合がある。

・毎日、甘いカフェオレを飲む癖はありませんか?
・毎日、甘いお菓子を食べる癖はありませんか?
それは癖というよりも実は砂糖中毒の可能性があります。

おやつにグラノーラはやばかった…太るょ…

ウソだと言ってくれ。。。

多くの方は食べ方を間違えている

ただ、グラノーラの一人前のカロリーは低い
実は砂糖が入っていても何ら恐れる事はないのだ。

ダイエットの定義
カロリーオ―バーしなければ
(砂糖は)脂肪にならないので、何ら心配はない。

グラノーラやコーンフレーク系は
砂糖が多いのが特徴であるが、それと同時に栄養も多い。
使い方次第で、太りも痩せもすると考えよう。
(グラノーラを悪者扱いしない事)

現に私も、ダイエット中にグラノーラを利用する。
栄養が豊富で食物繊維も入っているので非常に重宝するアイテムである。

菓子パンの方が太ると聞いて安心しました。

砂糖はあっても結びつく脂肪分が激低だから心配ないよ。

●間違えた使い方例

<例1 間食で食べる>
砂糖の多いグラノーラは、間食で食べてしまうと
朝食 普通の食事
昼食 普通の食事
間食 グラノーラ
夕食 普通の食事

普通の食事+砂糖の多い食品で=4食食べている状態となる。
これではカロリーを減らせないばかりか、カロリーオーバーだ。
(間食で食べるならば、通常の食事量にも気をつけなければならない)

<例2 夜食で食べる>
当然ながら太るゴールデンタイム(深夜)に多くの砂糖を摂取するのはよくありません。

砂糖と老化とミューズリー

日焼けはシワを作り、タバコは血管を収縮させ白髪や抜け毛を誘発し
砂糖は老化の3大原因の酸化加齢糖化の一つとされている。
しかも、加熱されるほどAGES(老化物質)が多く含まれる。

実は、フルーツグラノーラよりもミューズリーが注目された時期がある。
形はそっくりだが、こちらは未調理で老化物質が少ない
(もちろん、砂糖、食塩、人口甘味量は不使用!)
知っている人はこっそり差をつけている。

原料屋の有機シリアルシリーズは、オーガニック認定の厳しい監査に合格しています。
中でも注目は有機JASマーク
有機JASマークが入った商品は、
農家から製造工程を経て、お客様の手に届く最後まで
厳しい管理化に置かれた安全な商品です。

オシャレ盛りで食べる危険性

グラノーラの基本的な食べ方は、
牛乳に混ぜる、豆乳に混ぜる、ヨーグルトに混ぜる、
フルーツと食べる、そのまま食べるなどだが、

アイスクリームやスポンジなどを使いパフェにする
フルーツ+スムージー+グラノーラという盛りすぎてしまう
以上のような場合は、砂糖とカロリーが上乗せされてしまい
ダイエットとはかけ離れてしまう。

グラノーラの基本摂取法

体重を気にしない場合には、色々な食べ方をしても構わないが、
ダイエットに利用する場合は、気を付けて食べる必要がある。

砂糖が多いので出来るだけ朝に食べる。
間食で食べる場合は、食事の量を減らして調節する。

朝食が簡単で良いサイクルを作れる

朝食として利用するならば砂糖もエネルギーに使われやすく、
牛乳や豆乳と混ぜてもカロリーオーバーの心配はない。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする