ビタミンA 栄養と含まれる食品

ビタミンAとは?

ビタミンAは、始めからビタミンAの「レチノール」と
ビタミンAに変換される「カロチン」がある。

レチノールは動物性食品(レバー、卵黄、卵黄、牛乳)に、
カロチンは緑黄食野菜に多く含まれている。
カロチンの種類は50種類ほどあり、その中でも有名なのがβカロチンである。
βカロチンは効率よくビタミンAに変化し、体内の不足分を補ってくれる。

ビタミンAの効果

・皮膚の粘膜を守る(皮膚の潤い、乾燥、シワ)。
・目の健康。
・鼻や喉の粘膜強化(ウイルスによる風邪を抑える)。
・免疫機能を高める。
・消火器を丈夫にする。

調理法

ビタミンAは脂溶性なので、油で調理すると60%程度吸収される。
油料理というとダイエットに反する物ですが、
おひたし、煮物等にも少量使用する事で対処できます。

ビタミンAを豊富に含む食品

レバー、うなぎ、牛乳、緑黄色野菜、マーガリン

aaa

βカロチンが注目されている理由は便利な点。

●多く摂取した場合→体内に蓄積され、活性酸素を防く。
●足りない場合→体内にストックしたβカロチンを分解し、ビタミンAを作り出す。

ビタミンA剤を摂る場合には1日あたり6000IUが上限だが、
βカロチンの場合は必要以上にビタミンAに変換されないため、過剰摂取の問題が無い。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク