自分の炊事を振り返ってみた(今後の意欲に)

私は男ですが、嫁が炊事をできないので
いつの間にか炊事係になりました。

仕事、炊事、子育てと色々な問題がありますが
ストレスを溜めては解消しながら調節しています。

好き嫌い問題

家族全員が好き嫌い無いのが理想ですが、
なかなかうまくはいきませんよね?

我が家は、私は何でも食べれますが
嫁は好き嫌いが多いので、似たメニューになりがちです。

好き嫌いが多い家族がいると
・メニューが似てしまう
・色々食べれる人はつまらなくなる
という事が起こり、
自分は違うものを・・・と考えると
自然と品数が増えてしまうのです。

このような好き嫌い問題があるので
我が家の炊事の特徴は・・・
・似たものが増える
・みんなが満足するものをと考えると品数が増えてしまう
という特徴があります。

アクアパッツァ


イタリアレストランで、
美味しいアクアパッツァを食べて気に入り
自分で作るようになりました。

アサリを中心に魚介で味が出るので
慣れると比較的簡単です。
(余裕があれば、海老やイカ、カブ、カボチャなどを入れると綺麗になる)

好き嫌いが多いと品数が増える


好き嫌いが多い人の食事に合わせすぎると
自分の食事まで限定されることになるので非常につまらないものです。
(ストレスがたまる)
従って、別々の物を用意する事が増えますが
時間を使いたく無いので、刺身の頻度が増えます。

基本的に野菜が多い


共通の好みは”野菜”なので
サラダや炒め物など、野菜系は多く摂取する傾向があります。

ダイエット用メニューも


嫁や子供に揚げ物を、
自分はヘルシーな物を食べる
という区別ができている時は
体重的にも健康的にも良いパターンです。

麻婆豆腐にはまる


2017年は麻婆豆腐にはまり
何度も何度も作りました。
太りそうで太りにくいので案外ダイエット向きです。
豆腐ととろみでお腹を膨らませます。
(挽肉は赤身を選ぶとベスト!)

たんぱく質攻め


筋トレが多い日や、
たんぱく質が欲した場合は
たんぱく質を多めにします。

ボリュームはありますが、
炭水化物は無しなのでOK。

焼肉が好き(ホットプレート)


ホットプレートを利用する事があります。
ここでも、自分の肉は赤身にする事で
カロリーダウンに。

汁物攻め


狙ったわけではなく、偶然汁物が2種に。
次の日も使えるのでOK!
私の場合は、味噌汁は塩分があるのであまり飲みません。
(ラーメンが好きなので、その分味噌汁は飲まない調節をしている)

自宅では赤身にこだわる


肉は霜降りがすべてではなく、
和牛の良い面、US牛の良い面があり
味が全く違うので別物と考えています。

元々パサパサな赤身が大好きなので
価格的にも赤身は安いので良く利用します。

ポテトは自宅で


嫁がポテト好きなので、
いつの間にか自作するようになりました。

皮を剥いてカットして
→レンジで温めてから揚げると早く出来上がります。

マクドナルドの細ポテトとは違い
自作ポテトは芋感が出て美味しいです。

家族別々例


典型的な夫婦間別の食事です。
子供と嫁はピラフと魚を
私は肉を!と言う具合です。

たまには炭水化物攻めもある


ダイエット中に炭水化物を食べると
脂肪燃焼が高まる時があります。
炭水化物を抑えるだけがダイエットではありません。
脳細胞が死滅しないように私は炭水化物は
程ほどに食べながら痩せるタイプです。

野菜は多めにそして家族別。。。


野菜とササミ系は私で、
パスタとポークライスは家族へ。
やはり別の物を用意すると品数が増えてしまいますね。

一人の時の食事


一人の食事の時こそ手を抜きたいので
やはり刺身で楽をしてしまいます。
カルシウムや鉄分も取れるので
刺身は便利です。

スポンサーリンク

その他


これも、揚げ物は家族へ
私はシメサバ中心。

以前は、パスタや洋風を挑戦した事もあるのですが
専業主婦ではないので、時間や労力を使えないので
いつの間にか楽な方に(似たようなものに)なってしまっています。
今後はもう少し変化をつけるようにします。

おまけ(嫁炊事)

↓何だと思いますか?

わらじではありません。

嫁に炊事をやらせてみたら
こんなものが出てきました。。

チキンナゲットだそうです。
( ´艸`)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする