ポムポムプリンカフェは予想外のツンデレ対応で面白かった話【原宿店】

前から気になっていた
ポムポムプリンカフェ

しかしながら、
出来た当初は朝から整理券を確保
しなければならない狭き門であったが、
(2014/10/22開業)
3年弱も経てば、ほとぼりも冷めるだろうと推測。

念のため、ネットで混雑状況を調べると
14:00以降であれば空いているらしい。

満を持して原宿へ向かった!

平日(木曜日)15:00過ぎの状況

平日とはいえ、夏休み期間のため
入れない状況も覚悟していたが、
店内の座席は7割くらい埋まっていた程度で
4分待ちで座ることが出来た。
(忙しそうな雰囲気を感じる)

忙しいホール

年齢が高くなるほど、
気にしないようにしても
店員さんの雰囲気や態度が
手にとるようにわかってしまうのが大人。

更に、私は飲食店経営をした過去があるだけに
お店側の視線で色々と観察してしまう。

あれ?イメージと違う

通常、サンリオピューロランドや
ディズニーランドなどは、
”ファン”が働いている事が多く、
優しい気持ちで接するイメージがあるが
ここの場合は違った。

ホールが1名と少ない時間帯だったからか
笑顔が無く業務をサクサクと繰り返していた。

もちろん暴言を吐くわけでも無いし
ファストフードや高価なレストランでもないので
これはこれで構わない。

ただ、お店のシステムが
完全に出来上がっていないので
お客さんとの目立たないトラブルも多いのが気になった。

スポンサーリンク

合わないお客さん

ケース1

例えば、年配のお客さんは
勝手に着席する場合が少なくない。
(なぜか偉そうにする。飲食店あるある)

この状況を偶然見かけたが、
店員は、「そこはだめです」と
他の席に誘導していた。
(準備していない座席の為)

すると年配客は
じゃぁ!早くしてよ!”と上から目線で怒り出す。
(大人の悪いところです)

この対策には、
入口に”スタッフが案内するのでここでお待ちください
という札を立てたらどうだろうか?

ケース2

入口が狭い為、お客さんが来ると
店員「外で待っててください」
とお客さんを一度外に出すシステムのようだ。

これはお客にとっては
「席は空いているじゃないの~!ここで待たせろよ~」
という気持ちになるかも知れないが、

お店側の都合としては
1.入口を塞ぎたくない。
2.スプーン、フォーク、テーブルクロスを用意してから案内したい。
という理由がある。

この状況も7件見かけたが
2組は怒って帰ってしまった。

「すぐご用意しますのでポムさんグッツでも見てお待ちくださいね!」
などと、お土産コーナーで待たせる(買ってくれるかも)
余裕があると良いかもしれない。

外人観光客には不評

言葉とアクションで会話が成り立つ外人にとっては
我々日本人よりも”冷たさ”を感じてしまうようだ。

外国人の感想は予想通り悪く
(最近一ヶ月限定)

「非友好的なスタッフで私は悲しく感じました。」

「二度目の訪問でした。
カフェはとてもかわいいですし、
食べ物が良いです。しかし、
スタッフは私を少し動揺せた
非常に優しくありません。」

など、アクションの少なさは心に引っかかってしまうようだ。

ホールが忙しいゆえのツンデレなのか?

また、中途半端な時間帯だったからかもしれないが、
ホールが基本1人で、たまに他の人が顔を出す形だったので
ホール担当は業務をこなすだけで精一杯。

笑顔は全く無かった♪

他の店員さんを呼んでみた結果

我々も熱心に呼ばなければ
永遠にオーダーを取りに来てくれない雰囲気だった♪

座席も満席近くになったので
たまに出てくる別の店員を止めて
「注文をお願いします」と言ってみた。

すると
「あの人に言ってください!」
と一言吐いて奥に消えました。

他人事ですか。。ぁらまぁ♪
(面白い)

最近の日本人の特徴である
・自分の業務だけやればいい
・私は時間で上がるからもう働く必要が無い
という姿勢が見える。
(本人は悪気がない)

せめて、そこは
優しく言ってくれれば
納得できるものだが、
言葉には優しさは無く、
可愛いキャラとは対照的にツンツンしていて
想像を越えた面白いお店だった。

30分後 やっと食えるぞ

店員の立ち回りを見て萎える中、
一番対応の良い男性店員が食事を提供してくれた。
料理はさすがの職人技で
どれも美しく、しっかりポムさんと理解できる美しさだ!

プリンとマフィンのホワイトシチュー


プリンとマフィンのあったかホワイトシチュー(990円)
濃厚ではなく、ライトなシチューで
飽きにくい仕様になっている。

ピーマンがクローバー型にカットされていたり
人参が星型にカットされていたりと
急に癒しが襲ってくる♪

ローストビーフ丼


ローストビーフ丼(1290円)
ローストビーフ丼は玉ねぎ風味の強いソースで
野菜部分の下にもビーフが隠れていてボリューム万点!

シチューとローストビーフ同様に、
案外ご飯が多い”ので嬉しい。
(ちなみに顔部分はチョコソースで描かれている)

チョコパフェ


チョコバナナカフェ(990円)
チョコクッキーが帽子になり
とにかく甘い甘いパフェ。
(パフェの材料で一番プリンがあっさりしている)
中にひっそりとピンクのマシュマロが隠れていた♪

メニュー一覧1 2 3

まとめ

おそらく開業時は気持ちも入っていたと思うが
現在はツンデレの要素が加わっていた。

もちろん、この場所は外人さんも多く
いくらでもお客さんが来るのでどんな対応でもお客さんは来るだろう。

お店を開業して慣れてくると雑になるのはどの店舗も同じで
それを防ぐ為に”初心を忘れない店長の立ち回りが重要になる”

お店も店員も若さが出ている
原宿的な店といえるのかもしれない。

ただ、色々あっても
ポムさん食事の癒しが待っているので
最後は良い気分で完結する事ができる♪
(これがツンデレの魔力か!)

店内には、店舗限定のグッズもある。

色々な事が起こり、
凄く長い間、ポムさんの世界に居た気分。
なかなか面白い体験をさせてもらった♪
ご馳走様。

ポムポムプリンカフェ原宿店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1−7−1
原宿駅より徒歩7分
CUTE CUBE HARAJUKU 3F

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 匿名さん より:

    夢を崩壊させるお店。

  2. 乃木坂46ワキ毛処理担当A氏 より:

    一回いけば満足する。
    大人には合わないな。
    子供の町ならではか。。。
    それよりも竹下通りの外人撲滅しろ!