葉酸 栄養と含まれる食品

葉酸とは?

成長期の子どもや妊婦のように、
細胞分裂が盛んな時期にはとくに必要とされる栄養素。

葉酸の特徴、作用

●胎児の先天異常のリスクの軽減
●ビタミンB12と共に赤血球を作る(葉酸が無いと正常な赤血球が作れない)
●細胞内の細胞分裂時に重要な役割
●皮膚の健康を保つ
●口内粘膜強化

葉酸不足症状

悪性貧血、口内炎が出来やすい、抵抗力が落ちる、シミが出来やすい

葉酸が必要な方

妊娠、妊娠前、貧血でだるい、野菜不足

葉酸を豊富に含む食品

レバー、芽きゃべつ、すじこ、うなぎ(きも)、うに、えだまめ、モロヘイヤ、パセリ
ほうれん草(生)、あさつき、抹茶、たたみいわし、アスパラガス、わけぎ
サニーレタス、よもぎ、春菊、卵黄、ブロッコリー、わかめ、
野菜全般(ほとんどの野菜に含まれる)

妊娠と葉酸

近年は母子手帳にも葉酸の記事が載せられ、葉酸の必要性を訴えている。
妊婦で葉酸サプリを摂取する方も多いが、
妊娠中からよりも妊娠前からの摂取が良いとされている。
※葉酸を意識するあまり食事がおろそかになっては意味はなく、
まずは3食の栄養バランスを整える事が大切である。

摂取量

成人男女 :240ug

(妊娠を計画している女性、妊娠の可能性がある女性は、
神経管閉鎖障害のリスク低減のために、400ug/日の摂取が望まれる)
妊婦 :+200ug
授乳婦 :+100ug
上限量 :1,000ug(成人男女、妊婦・授乳婦含む)



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク