エアピークが本当に涼しいのか確かめた結果!

2019年8月6日に放送!
翌日には売切れ状態!

エアピークが本当に涼しいのか確かめてみた

ガイアの夜明けで紹介した翌日には
全国でエアピークが一斉に売り切れになった。

2017世界トライアスロン大会の公式CAPにも採用され、
日本のプロ野球球団のオフィシャルキャップにも採用されたAirpeak(エアピーク)が話題だ。

その特徴は、FlowSystemと呼ばれる
帽体内に風を取り込み→帽体内の空気を外に排出する構造である。

通常の帽子よりも13.6度軽減し、
湿度も30%下げるというのだから
世のマラソンランナーゴルファーには注目のアイテムである。

放送翌日の店舗とネットショップ

テレビの影響力は大きく、
付近のVictoria実店舗に訪れると、

「昨日テレビで見たんだけど・・
エア何とかという帽子を探している」
というオジサンに遭遇!

私が店にいる間に、エアピーク目的の
人間が5人訪れるのだからテレビの影響力に驚くばかりである。

その時には、既にAirpeak Proは売り切れており
在庫があったのはAirpeak Speed2という、
生地の柔らかそうなマラソン用だけであった。

テレビではAirpeak Proの方が効果的で軽いと伝えていたが、
在庫がなく、ネットショップを見ても売り切れ状態である。

スポンサーリンク

Amazonでは価格高騰

アマゾン(Amazon)を見てみると
定価がいくらかわからないくらいの変動がある。
(2019/8/24時点で27000→34800円に値上げ)
価格が随分と跳ね上がっているようで、
流石にこれでは購入意欲が失せる。

・Airpeak Proは買えない
・Airpeak Speed2はデザインがいまいち
という事で、少々様子見であったが、
2週間程すると、”ゴルフ用”なるものもあると知った。

Airpeak(エアピーク) Athlete3
ゴルフ用キャップ A-00-07-F (Men’s)



こちらは、Speed2とは違いハリがあり、
通常のキャップのようなデザインも気に入り、すぐに購入した。

在庫状態が気になったが、
(2~5日で発送と書かれていたが)
翌日には発送が完了していた。
2日で手元に届くという早さであった。

Airpeakゴルフ用キャップの感想

まずは、自宅での通りを確かめたい!

到着後は、まず扇風機の前に座り
風の通りを確かめた。

風は、前頭葉部分から入り込み
後方から抜ける形になってはいるが、
室内の為、その効果はあまりよくわからない。

髪が蒸れない?

今度は実際、炎天下で使用してみると
普通の帽子と違い、つば部分から風が入ってくるために
蒸れを防ぐ感覚を得られた。

通常、夏場の帽子と言えば、
汗で髪がベチョベチョになってしまうのが定番だが
Airpeakは(当然汗は掻くが)軽減してくれる事を証明してくれた。

今までの涼しい帽子と言えば、
メッシュ生地のイメージであったが、日を完全に防げないために
日をシャットアウトしながら風が抜けるというAirpeakは流石であった。

欠点?要望?

1.頭が浮く?

内部に空気を送る構造の為に、
客観的に見ると、頭が少し浮いた感覚がある。
頭の大きい大人の場合は少し違和感を感じるかもしれない。

また、つば部分も少し広く感じ、
写真でこそ通常のキャップに見えるが
実際手に取ると全然違う形をしている。

2.子供用が無い

残念な点と言えば、
小さい子供用が無い事だろう。

ただ、調節は可能で、54~60cmの
範囲であれば調節が出来るようになっている。

素材:
【外】ポリエステル42%/コットン58%
【内】ポリエステル100%
【つば】EVA樹脂素材
サイズ:
フリー(頭周り57cm)、
サイズ調整可(54~60cm)
重さ:97g

日本の夏は年々温度が上昇しているために
2020年のオリンピック時には、多くの選手が利用すると思われる。

今回の買い物は、個人的には大成功であった。
今度はAirpeak Speed2をする予定である。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。