生まれ変わった都心型【スシロー】を見てきた!あれ?120円

「スシローが良くなった」
「スシローが値上がりした」
「スシローが便利になった」
様々な声をチラホラ聞くようになり
久しぶりにスシローを視察する事になった。

せっかくなので新しい店舗(高田馬場店)を狙い
アプリをダウンロードし予約を行った。

優しい予約方法

通常の予約アプリと言えば
まずは”会員登録”をしなければならないが
スシローの場合は、会員でなくても予約が出来るようになっている。

予約したい人がダウンロードするのだから
真っ先に予約できるというシステムはとても素晴らしい。

スポンサーリンク

進化する予約システム

くら寿司、はま寿司、イーパーク(EPARK)などの
スマホから予約が出来るシステムは今や当たり前の時代であるが

スシローの場合は、受付後に印鑑が追加され
(チェックイン完了!)なかなかよくできている。

更に、待ち時間が段々とカウントダウンし
10分前には確認の通知がされる。

便利な時代になったものだ。。

店内の状況

店内は、他の回転寿司屋と似ているものの
ガラス越しに見える調理場はなかなか珍しい。
若い子が元気に働いている。

低い位置は助かる

今や当たり前になったタッチパネルであるが
高い位置にあると、目と肩が疲れるため
低い位置に設置したのは正解だろう。

商品を選ぶ際に、100円ではなく、
120円という表示に違和感を持つ方がいるかもしれない。

これは高田馬場店や池袋店などの都心部に限った事で
通常はスシロー100円であるが、都心型のSUSHIROは120円という違いがある。

都心型のSUSHIROの価格
以前100円表示→120円
以前150円表示→170円
以前300円表示→320円

通常レーンと注文レーン

レーンは上下の2階建てで構成されており
注文した品は上部のレーンに乗り届けられる。
(取違いが起こる心配がない)

120円(税抜き価格)

いくら

甘エビ

ぶり

サバ

レア握り

メニューに存在しないブリの切れ端に
塩+ゴマ油+ゴマで味付けしたもの。

これがとても美味しい◎

170円(税抜き価格)

炙りのどぐろは、焼きたてが届きとても香ばしい。
1貫であれど、肉厚で美味い!
スーパーなどでは出回らないだけに”外食感”がある。

北海道産新物いくら包み
こちらは120円の人工物とは違い本物だ。
盛り付けもお洒落になっている。


中とろは当たりはずれが混ざっているが
及第点に達している。

変わり種

調子に乗って、松坂牛握りを頼んだが
パサパサのコンビーフ風味でこれは失敗だった。

肉を冷やしてしまうと脂が固まってしまうため
少し炙って提供した方が良さそうである。

鯛だし塩ラーメンは味噌汁代わりになる。
のびにくい麺を採用しよく研究している事が伝わる。

天然インドマグロ7貫盛り980円(税抜き価格)

中でも良かったのが、インドマグロ7貫盛りである。

大トロや中トロと日替わりの内容であるが、
通常提供している中トロとは違い、
きめ細かいサシがあり別物を使っているようであった。

大皿で提供するため、”いつもと違い”
高級寿司屋にでもいるような感覚になる。
これは大当たりだった。

先程の鯛だし塩ラーメンと組み合わせれば
完全に定食の出来上がりである。

最高だ!

会計も進化

会計は他の店舗と同じように、
タッチパネルから店員を呼出す事になるが、
皿を数え終えたあとは、自動精算機に進む事になる。

スーパーのセルフレジのように
お金を入れて清算すれば完了だ。

予約から退店まで非常にスムーズで
昭和生まれの私はただただ関心するのであった。

アクセス

スシロー BIGBOX高田馬場店
所在地:〒169-8677 東京都新宿区高田馬場1丁目35-3 BIGBOX9階
営業時間:
土日 10時30分~23時00分
月~金 11時00分~23時00分



スポンサーリンク

シェアする

フォローする