【競艇を止めたい】8割の人間が大負けと借金を繰り返すボート【引退したい方】

どんなギャンブルでも、2割は金を管理でき、
残りの8割の人間は管理できないと言われている。
(口座を空っぽまで使ってしまう)

また、私のようにパチンコでは管理出来ないが
競艇は”自制ができる”場合もある。
(パチンコは完全に引退済)

ここでは、競艇に溺れている人の言葉から
”正しい考え方”を導き出し、破産しない意識改革が出来るように修正してほしい。

スポンサーリンク

破産する人の特徴と言葉

なかなか連に絡めないクソ選手が
いきなり頭になったりするからムズイ。
反対に一番人気の1号挺があっさり負ける事もある。
そして広めに買うとガミる。。。
資金配分しても邪魔が入ってハズレる。。

競艇は始めに穴狙いをしていても
知れば知るほど”選手のイメージ”や”1号艇の強さ”を植え付けられ
段々と本命サイドを買うようになる。

例えば、普段からスタートが遅く
頭など考えられない」選手が勝ち
絶対買えない”穴が出てしまうのである。

やっぱり負ける

30年以上、ボートと競馬をやってたオレが言うから間違いない。
絶対勝てないし最後は必ず大きくマイナスになるぞ!
それにすぐ気づく奴もいるし1年後に分かる奴もいる。
そしてやめられない。

我々が投資した金額の25%は主催者に奪われ
残りの75%をファン同士で取り合うのが競艇だ。
はじめから資金の1/4が奪われている時点でどう考えても勝てないのである。

競艇歴が長くても偉くない

僕は2020年1月から競艇はじめてすぐ辞めました。
ボートは絶対に勝てません。

ど素人が何を言ってるんだ?
こちとら20年以上やっとんじゃい!

競艇は、始めてすぐに(負ける)と気づく方や
長年負け続けて改心する方と人それぞれである。

・毎日レースがある
・レース数が多すぎる
・朝8:30頃~20:40頃迄レースがある
365日誘惑されている恐怖

とにかく会場も多ければレース数も多すぎるのがボートの世界だ。
儲かるからこそ毎日数多くのレースがあるのだ。
これに唆され乗ってしまえば、相手の思うツボである。

夢中になっている時点で負けである。
競艇以外の興味さえなくなってしまう悪循環も生まれてしまう。

理想は1日5レース以下に収める事である。

競艇以外の趣味が無い危険性

競艇、競馬、パチンコなどのギャンブルは
勝てば→嬉しくて復習+明日の予想
負ければ→ぐったり憔悴+無気力+翌日逆転してやる!
買っても負けても繰り返してしまう怖さがある。

競艇と競馬を30年以上やっているが
自分がまるで成長していない。
予想して喜んだり悔しがってるだけ。
イライラして仕事の間もレースの予想をして
欲しい物があっても節約してギャンブルに金回すんだ。

負けた時の焦燥感なんて半端ないよね。
今後を考えたら生き方を
変えなければいけないと思うようになってきた。

ギャンブルで怖いのが、他の事に興味が無くなる事である。
確かに”お金が増える可能性があるギャンブルは楽しい
だが、それと同時にお金を失うだけではなく
その他までも疎かにする可能性が出てくるのである。

・家族サービスをしない
・理由を付けて1人の時間を作る
・ネットはボート関係ばかり見る
・世の中の事を全く知らない
など、情報さえも乏しい人間になってしまうのである。

果たしてストレスは溜まるのか?

ギャンブラーがギャンブルを辞めたら
凄くストレスが溜まりそうな気がする。

ギャンブルはストレス解消ができると考えている人が存在する。

しかしながら、解消出来る事は少なく
多くは”悔しくて”反対にストレスを溜める悪循環になるのである。

ストレスを溜める事の方が多い

「喫煙者がタバコやめたらストレスで早死にしそう」という謎理論があるが、
実際は、タバコもお酒もやらない人からすれば元から必要な物ではないのと同じだ。
タバコはストレス解消ではなくストレスを溜めるアイテムだった

ストレス解消を言い訳にしていないか?

配当が低い事を忘れてはならない

配当が低すぎる。。。
正直さぁ、成績悪い選手からハンデで
1号挺に乗せないといけなくない?

1号艇を強くする理由は、
主催者が”当てさせて夢中にさせよう”というのが狙いだ。

主催者側は、どんな配当になろうと25%を手に入れられるため関係ないが、
できれば当たる楽しみを与えて依存症に引き込みたいのである。

投資金額は明確に

競艇や競馬、パチは損するのは当たり前!
分かってる!分かってるんだが
働いても一瞬で持って行かれて主催者ウハウハ
でもでも・・やめられない
我ながら情けないよ。。

投資金額を自分でコントロール出来ていれば
絶対に”破産”や”ストレスが溜まる”事はない。

負けたら「チクショー」「〇〇選手のクソ!」なんて暴言も全く出てこず
普通に「ああ負けたか」程度でやり過ごす事ができるのである。

自分自身が高みの見物をすればよい

自分の小遣い以上につぎ込み
借金などの負債を抱えてしまうならば
あなたは(毎日開催されている)競艇に向いていない。

無理にやめなくて構わない

昨日テレボートを解約した者ですが
また登録してお金を失いました。。

現実に、私はボートを楽しんでいる。
(当然負けるが投資は少ないのでストレスはゼロ)
しかも僅かながらの貯金をしながらである。


1年で12万円たまる貯金箱は
1年後には”自力12万舟”である。

競艇予想は努力しても報われない。
当然、不確定要素のかたまりだからである。

風、波、(一部)八百長、転覆もある。
3連単から確実に1~3着を導き出す事は難しい。

基本は、好きな選手から買って楽しんだり
豆買い(100円)で楽しむ事が大半だ。
ボックス買いする事もあるが、最近は”勿体ない”と思うようになってきた。

普通の庶民が1点につき
1000円~10000円賭けていたならば確実に破産する。

タレントやYouTuberと同じ事をしていたら人生終わる。

・1日平均4レース
・100円の日が多い
・たまに1艇から総流しを狙う20点
(全部万舟の舟券)
・好きな選手を買う
庶民の私は、以上のように
とにかく大負けのリスクを回避するのが基本である。

始めに2連敗(-200円)したら、そのまま撤退する日もある。
金額は少なくても逆転してやる”なんて気持ちが湧いた時点で相手の思うツボである。
2000円~5000円負けていても撤退する勇気を持ってほしい。

パチンコはホール内に居れば
その場の空気で熱くなってしまうが
自宅の場合には”画面を消したり”冷静になるチャンスはどこにでもある。

惜しい万舟も”見なかった事”としてスルーすればいい。

購入レースが少ないと健全

購入レースが少ない事でのめり込みを防ぎ
仕事や家族の時間等を削らないように意識している。

家族>仕事>温泉>旅行>競艇←生活に影響が出ない程度に楽しむ

また変に”様々な会場”を覗く事は危険だ!
誘惑が増え虻蜂取らずになってしまう可能性が高まる。

テレボートは使い方次第

競艇は自宅で投票できるため
パチンコと違い無駄な時間を使わないのは大きい。
楽しみ方によっては”負担の無い”趣味にする事も出来るのである。

負けた事で腹が立ちイライラするならば
それは投資金額の上限を越えている筈である。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。