【ギブアップ】鬼滅の刃を見たけど無理だった人集合【つまらない現象の謎】

大人になるとプールや遠出が億劫になるように
「着替えるのがめんどくさい」
「疲れるからめんどくさい」
が先行してしまう場合がある。

ただ、そこは大人である。
興味のない事を避けていたら成長できない。
初心を忘れない
向上心を忘れない
様々な事に対して、まずは”やってみる”事は自分の成長に繋がるのだ。

スポンサーリンク

小学校で気滅の刃が人気

鬼滅の刃のコラボ商品が増えている。

鬼滅の刃xくら寿司
鬼滅の刃xチキンラーメン
鬼滅の刃xローソン
鬼滅の刃xパズドラ
鬼滅の刃xファミマ
など無数に存在し、外を歩けば”鬼滅の刃”関係の何かが目につく。
スーパーであれば、レジ前にコラボ菓子が置かれるなど
毎日見掛けるほど人気である。

息子の小学校では、8割が見ているようで
毎日”鬼滅”の話で盛り上がっているらしい。
(息子は鬼滅を見ていないのでついていけないらしい)

挑戦してみよう

私はミーハーではないが、
現代の流行”を知る事は大切だと考える。

話題に出ても付いていけるように
知っていて損をすることは無いのだ。

興味のない事を突っぱねているようでは人間終わりである。

第一話を見てみた

まずは、第一話を見てみた。

頭の中は、
「先入観を持たない」
「フラットな気持ちで見よう」
「面白かったらラッキー」
このくらいの姿勢で挑んだ。

が、

映画見た感動した
グロマンガアニメきめつのやいば
気滅って書いちゃう奴

しかしながら、
5分が限界であった。

全く頭の中に入ってこないのだ・・・

悲しい。。

入ってこない。。。

子供の頃は、キン肉マンや北斗の拳、
両さんに没頭したジャンプ世代であるが
30を越えたらマンガやアニメに興味を示さなくなったのは事実だ。。

そういえば挑戦しようとしたワンピースも無理だった・・・

この現象は一体何なのだろうか?

大人になるとマンガを読まなくなる現象

挑戦した人々の声

もちろん、世の中の人には
売れて嬉しくないと感じる方も少なくなく、
「流れに乗ってたまるか!」という逆張り人間もいるだろう。

しかしながら、私のように
みんなが面白いなら、その良さを知りたい!
挑戦した者もいる筈である。

ここでは、流れに乗りたいのに無理だった人の声を集めてある。
予想以上に楽しもうと努力している人間は多かった。

竈門炭治郎さん
鬼滅の刃15話まで頑張って見たけど
やっぱり全然興味ない、、、、
竈門禰豆子さん
映画で泣いたとか言う話聞いて
「無理」だと思った。
何回かアニメ見たけど無理だった。
我妻善逸さん
鬼滅の刃1話を頑張って見たけど
続きに全く興味湧かなくて早速挫折
嘴平伊之助さん
鬼滅の刃が社会現象になってる。
頑張って見た。
しかし三話で挫折した。
やはり何かが薄っぺらいのだ。。
ワンピースは心の芯にズシン!って来るんよ。
ちなみに全然違うけど。
冨岡義勇さん
コロナ禍で映画見てる奴マジですごいよ。
鱗滝左近次さん
鬼滅の刃個人的には絶対合わないと思ってたら
完全にその通りで僕の直感とか嗅覚が
ほぼ正しいのを再認識した。
錆兎さん
キメハラって何?鬼滅の刃まだ見てないの?とかって…。
私はワンピースでそれ思ってたわ。
真菰さん
鬼滅の刃半分くらいまで見たけど…
なんか飽きちゃった。
頑張って見続けたら面白くなんのかねこれ?
白髪さん
鬼滅の刃を面白いと感じるか
つまらないと感じるかは自由だけど
せっかくのこんなチャンス使わないでどうするよ?
って見てみたら俺には無理だったw
糞辛い。
鎹鴉さん
鬼滅の刃つまらないとか言ってる奴は
もう完全にジジイなんだよ!!
と思って見たら俺も無理だった・・
ぴえん
鋼鐡塚さん
鬼滅の刃を見てないだけで
いじめが起きてるってヤバいな。
これはひょうきん族を見ないで
全員集合を見ていた状況と同じだ。
珠世さん
乗り遅れないように見たがギブアップした。
おれも生きてて楽しい何かが欲しいwww
ブラックエンジェルスの方が面白いじゃん。
愈史郎さん
興味ないって人は
鬼滅を見てる暇もない程面白い事に夢中なのかもよ

結論:人による

・キン肉マン 北斗世代
・スラムダンク世代
・ワンピース世代
・鬼滅の刃世代

世代による感覚の違いもあるようだが
努力しても合わない人が存在する。

ぁぁ、、楽しめなくて残念だ。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. りゅー より:

    殺人シーンを(絵の上手い下手は別として)劇的かつ写実的に描いている時点で、
    子どもが読むものとして不適切。
    作品自体のプロットも、都市伝説はおろか昔話にすらありそうなほど新鮮味に欠ける単純なもの。
    国内外問わず、歴史に名が残るほどの昔話、童話などの「名作」を読み、
    個々人再評価することを提案をします。
    鼻で笑うか笑わないかは…