【味道苑】秘伝のつけダレが日本一美味い【蒲生店】

数々の焼肉屋を回っているが、
味道苑のつけダレには感銘を受けた。

(前回は三郷店)今回は蒲生店を視察する。

スポンサーリンク

最寄駅は蒲生駅

最寄駅は蒲生駅で、徒歩10分の位置にあり
車でなくとも行けるのは有難い。

昼時に訪れたが、程よい埋まり具合であった。
座席はテーブル席座敷も完備。

そして、味道苑と言えば本物の炭火で、
コンロの火力調節はなく、炭火の力だけで焼くタイプである。

ランチタイムはお得

味道苑と言えば”和牛”を主に使用するため
ディナーは高額になる傾向があるが、
ランチタイムになると外国産を利用した格安ランチが提供される。

しかしながら、前回食べた結果
和牛+つけダレの相性が抜群だっただけに
今回も和牛を選択する事になった。

和牛カルビB定食 (1600円)

ランチタイムは、サラダ、ナムル、スープ、味付け海苔まで付属している。

肉を拡大↓

ランチであるため、和牛カルビは””が使われるが味は同じだ。

↓ちなみにこちらが単品の和牛カルビ

同じ部位であるが、しっかりと区別している事が分かる。

ランチカルビを網に並べると、無駄な牛脂がある事が分かるだろう。
単品で頼んでこれではガッカリだが、ランチなのだから問題は無い◎

とても美味しい

とにかくうまいつけダレ

高級店や焼き鳥では、
タレではなく””で食べる傾向があるが
味道苑の場合はタレで食べる事をおススメする。

なぜなら、通常は肉をタレでごまかすところを、
肉の旨味を引き出すつけダレなのである。

美味しくて顔が緩むなんてことは普段起こらないが
味道苑だけは、食べるとニヤついてしまうほど美味いのである。
(和牛カルビ1.080円がおすすめ)

和牛ハラミ1600円

単品で和牛ハラミを追加してみた。

通常の焼肉屋のハラミと言えば外国産が使われ
多少の”獣臭”(けものしゅう)がするものだが(これも美味いが)、

和牛のハラミとなるとクリーンな香りになり
聞かずに食べたらハラミと分からないだろう。
しかしながら食感はハラミで、シャキシャキと歯切れが良い。
少し厚めにカットされており食べ応えがあった。

冷麺は昭和風

冷麺の単品価格は950円であるが、
ランチタイム時には900円に下がり
おまけに小ライスとサラダが付いてくる。

昭和時代には多くのお店がやっていた
楊枝で具を差す盛り付けがここでは健在だ♪

麺は太めでボリュームがあり、
味が控えめになっているので個人的にはお気に入りである。

〆にはこのような”あっさり”タイプが良い◎

三郷店に続き蒲生店も最高だった

三郷店の際も感激したが、2店に足を運んだことで
他の店舗でもタレと和牛の質の良さを確認できた。

次回は更に別店舗を視察してみたい。

アクセス

味道苑蒲生店
住所:〒343-0837 埼玉県越谷市蒲生本町1-48
営業時間:11:00~1:00

今回紹介した味道苑さんは
草加店 三郷店 蒲生店 東越谷店 せんげん台店の5店舗



スポンサーリンク

シェアする

フォローする