【十二分屋】近江熟成醤油が美味い 早稲田に誕生

近江熟成醤油 十二分屋
最近良く聞くようになったので
東京進出した早稲田店を視察してきました。

公式サイトが無いぞ・・・

十二分屋は滋賀県発のラーメン屋で
ミスチル好きで有名な事は知っている。

しかし、検索しても公式ページは無い様で
店舗を探すのに少し苦労した。

・十二分屋 本店(彦根市)
・十二分屋 草津店
・十二分屋 膳所店
・十二分屋 愛知川店
・十二分屋 長浜店
・12BUNYA 甲西店
・近江熟成醤油 十二分屋 早稲田店
自ら調べで出てきたのは以上の7店舗??

公式ツイッターでは、
「滋賀県6店舗・東京1店舗でらーめんを提供する」
との記載があるが、自分が調べた店舗が間違っていたら申し訳ない。

スポンサーリンク

彦根市産の熟成醤油

気になったのは、熟成醤油という響きで
醤油好きは過剰に反応してしまう。

滋賀県彦根市水谷醤油醸造本醸造しょうゆ「生地なり」

クチコミを調べてみると
想像以上に高評価が並んでいる。

美味しかったです!!
子供連れの方にも凄い配慮されていました。
醤油の美味しさを感じられるラーメン!
あっさりしてて臭みがなくアクセントを感じる。

いざ早稲田店へ!

この場所は、正直立地が良いとは言えない。
早稲田駅高田馬場駅の中間に位置する為に
店がよく入れ替わる事で有名な地帯である。

ただ、この付近では、
やまぐち一風堂が定着した成功例があり
生き残りに期待したい。

店舗に入る前に人の流れを観察してみたが
外のメニューを観察する人が多かった。

十二分屋はメニューが多いだけに、
迷う人も多いようだ。

食券購入

券売機の前に立つと、
多くのメニューに迷う事だろう。

ノーマル醤油であったり、宗田鰹節
近江ブラックKOHAKU近江熟成味噌つけめん。。。。
あれ、、凄い種類があるぞ!
(全部気になる・・・・・)

迷いながらも、ここは初訪であるため
基本の醤油(特製十二分屋そば930円)を選んだ。

特製十二分屋そば930円

ラーメンが着丼すると、それはそれは
美しく清潔感溢れる姿を見る事ができる。

店内も綺麗、ラーメンも綺麗。
清潔感が溢れるだけで、もう嬉しくなっている自分がいる。

スープには薄く油が浮かび、背脂が少量。
その出汁には、魚、昆布、ハマグリが使われているそうだが
一番強く感じるのは、まろやかな甘めの醤油だった♪

雑味が無くすんなり胃に入るラーメンは
深夜に安心な昔懐かし(味は違うが)ちりめん亭と雰囲気がかぶる。
(是非深夜も営業して欲しい!)
最近はとにかくダシや濃さに拘った店が多い中、
このようなシンプルなラーメンは案外年齢層が高い早稲田に合っている。

また価格も都内では安い部類であり
ラーメン+炒飯、餃子などを追加する客も多いと思われる。

今回は後から、店員「乗せ忘れました」
後から別皿でメンマが提供されたが、
柔らかくて美味しい穂先メンマを使用しているのは嬉しい。


また、チャーシューは脂身が少ないタイプで
個人的には最高に嬉しい。

麺は最近主流になりつつある
細麺ストレートタイプでオッサンには食べやすい。

一時期は、とにかく太い麺が流行したが
最近は細麺+シンプルな時代が来ているので
時代の流れに合っているお店と感じた。

これだけのメニューがあれば、
全部食べ尽くすのは大変だ。
今後も近くに寄った際には必ず寄るつもりだ。

アクセス

近江熟成醤油 十二分屋 早稲田店
(おうみじゅくせいしょうゆじゅうにふんや)
住所:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2丁目10-15
営業時間:11:00~21:00
定休日:毎週火曜日

スポンサーリンク

シェアする

フォローする