長崎ちゃんぽんリンガーハットのテイクアウトが神がかっている

コロナ禍においてテイクアウトが広まり
最近では”ラーメン”などの汁物のテイクアウトが当たり前になった。

そして、コロナ禍以降に出来た容器は
汁がこぼれない重ねても頑丈になっており
素晴らしい進化を遂げている。

新しい商品や発明が好きな私は、
ラーメンがテイクアウトできるようになった
リンガーハットへ向かった。

スポンサーリンク

6人前が限度

リンガーハットのテイクアウトで
気を付けなければならないのが
1人でラーメンを持てる限界である。

リンガーハットの場合は、
片手で3人前が限度の為、6人前で両手が塞がってしまうのだ。

しかしながら、この嵩張りには理由がある。

なんと器が大きいだけではなく、
ダンボールを敷くことにより、容器の傾きを抑えているのである。

このダンボールは、一番下だけではなく
真ん中にも敷かれている為、安定感は抜群だ。

他のテイクアウトよりも丁寧でお客様思いだ。

テイクアウトメニュー

長崎ちゃんぽん 670円
野菜たっぷりちゃんぽん 840円
ピリカラちゃんぽん 720円
小さいちゃんぽん 520円
野菜たっぷり食べるスープ 780円

長崎皿うどん 700円
野菜たっぷり皿うどん 860円
小さい皿うどん 520円

薄皮ぎょうざ
10個 570円
5個 290円
チャーハンレギュラー 590円
反チャーハン 300円

頑丈な容器

牛丼の蓋は凹むイメージがあるが、
ちゃんぽんで使用される容器はとてもしっかりしている。

通常のラーメンの場合は、
上部に麺、下部にスープであるが
リンガーハットの場合は逆であった。

テイクアウト容器は高い

飲食店を経営していたのでわかるが
実は、テイクアウトの容器は”高い”のが相場だ。
なんと、今回のラーメン用容器の場合は、1つ76円もするのだ。

これに、段ボール伸びない厚手のビニール袋
提供してくれるのだから神の領域だろう。

当然、味はいつもと同じで
スープを賭ければスグに食べる事が出来る。

コロナ禍は嫌なものであるが、
長崎ちゃんぽんをテイクアウトできる時代に感謝しかない。

長崎ちゃんぽんリンガーハット
テイクアウトに感激の声

すんごい!!
久しぶりに長崎ちゃんぽん
テイクアウトしたら器が改良されてる!

長崎ちゃんぽんテイクアウト
野菜たっぷりだから実質カロリー0

リンガーハットのテイクアウトの容器
めっちゃしっかりしてる。
チャリで輸送したけど安定感が凄い
しかも容器重ねる時は段ボールを敷いてるから盤石

久し振りにリンガーハットのちゃんぽんを
テイクアウトしたら以前のから容器が
変わってたんですがこれが凄いと思いました。
麺は下の容器に、スープは上でした。
麺類のテイクアウトは大体がその逆。
スープに麺をぶち込むスタイル。
リンガーは上からスープをかける。
だから盛り付けが綺麗。

テイクアウトで商品受け取って帰宅まで
2時間経過しても麺が伸びきって
ドロドロになってなくて驚きでした。
凄いテクノロジー!

晩ご飯リンガーハットの
テイクアウトにしたんだけど
持ち帰り容器が凄くて、
これ絶対麺のびないで美味しく
食べれるやん…企業努力凄い…

持ち帰るビニールの底には
段ボール敷いてくれてて安定して
持って帰れるのよ!!
リンガーハットの優しさに感謝



スポンサーリンク

シェアする

フォローする