【新宿】鳳仙花の鯛ラーメンがいきなり名店の仲間入り

クッソ元気な鯛ラーメンが大人気

見た目で絶対美味いラーメン屋が現れた。

はやし田池袋店さんの積極的フォロー(Twitter)により
鳳仙花さんにたどり着いた。

「煮干中華そば鈴蘭」(中野&新宿)

「らぁ麺 はやし田」(新宿三丁目)

「鳳仙花」
※3ブランド目のお店のようだ。

単純に鈴蘭が美味しいだけに期待感が高まる。
ニボラーの私が動かないわけがない。

鳳仙花は、以前美味しかった
だるまのめがあった場所にある。
この場所に入る店舗は、場所柄満員になるが
(エスパスで負けた人が集合)
早い立ち退きが多いのは家賃の高さなのだろうか?
美味しい店が次々に消えてしまうのは実にさみしい。

今回の鳳仙花は、これまでの流れに反して
いつまでも続けてほしいと願う。

スポンサーリンク

健康系ラーメンの時代

最近は、無化調煮干しなど
魚を主張したあっさりラーメンが増えてきた。

以前は太麺や濃厚が主流であったが、
ここにきて、あっさりながらも”旨味のある”ラーメンが流行している。

禁煙化のように、ラーメン界にも
ヘルシーブームが来ているのだ。


場所は西武新宿駅から徒歩1分と立地条件は抜群だ。
しかし、細道を一本奥に入る必要があり
エスパスの2店舗のすぐ目の前に存在する。

※らぁ麺 鳳仙花への地図は一番最後に記載あり

開店時間は、
ラーメン屋でありがちな11時ではなく
11:30という繁盛タイムからスタートする。

今回は11:00に到着したが、
開店していないため、仕事を済ませてから
14:00頃に再度訪れた。

満員じゃないか!

驚いたのが中途半端な時間に関わらず
15.6席あろうかというカウンターはほぼ埋まっている。
すごい人気だ・・・。

醤油にすることもできるが、
今回はデフォである塩のままで
特製らぁ麺1000円を注文した。

金目鯛のアラ真鯛などのアラ鶏白湯スープを加えた
スープは透明であり、少し浮いた油が輝いている。

上品なスープは鯛の風味が香り塩分は控えめだ。
(鯛を強くし過ぎないのがイイ感じ)
昭和のラーメンのような塩分ガッツン!は無いが
旨味のガッツンがあるのが特徴的だ。

スープを引き立たせるように、
炙った鯛のほぐし身が入っているのは素敵だ。
旨味と香ばしさの融合は溜まらない!

紫玉ねぎのアクセント、
そして薄いローストチャーシュー
濃い味をつけずスープを邪魔しない。

なんと!味玉までも薄味で仕上げてある優しさ!
しかも味玉の黄身はオレンジ色をしていて
普通の卵とは違う(マキシマムこいたまご)事が分かる。
※マキシマムこいたまごとは・・
パプリカを配合した品種で、
生臭さを抑えながらもコクのある仕上がりになっている。

麺に関しては、粒々が見える
全粒粉を配合した加水率高めの細麺になる。

スープが美味いのでなんでも合いそうであるが
麺~具材にかけての拘りがお客にまで”目に見えて”伝わってくる。

店員さんが元気すぎる!

とにかく驚いたのは店員さんの元気だ。
平成になり昔のような「いらっしゃい!!!」
と威勢のいい声はほとんど聞かなくなったが、
ここでは気合の入った接客が気持ちよかった。

・ストレスで辛くてラーメンを食べる人
・エスパスで負けてラーメンを食べる人
・営業中にラーメンを食べる人
来る客全員に闘魂(元気)注入をしてくれる。

「いらつしゃいませーーーー!!」
「ありがとうございましたーーーー!」
とにかく元気だ。

私が若い頃でもここまでの声は出さなかった。
とにかく気持ちがいい。

お茶漬けにできる

私は太らないように、締めの茶漬けを回避したが、
茶漬けを注文すれば”貝の出汁”も同時に足してくれるようだ。
これは非常に気になる!!
完全に次回の宿題が出来てしまった。

アクセス

らぁ麺 鳳仙花
〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目24-6
営業時間:11時30分~16時00分、18時00分~23時30分

らぁ麺 800円
味玉らぁ麺 900円
特製らぁ麺 1,000円
※醤油変更券 0円
替玉 100円

つけ麺 850円
味玉つけ麺 950円
特製つけ麺 1,050円
大盛り +100円

白米 150円
金目鯛茶漬け 200円

トッピング
味玉・メンマ 各100円
チャーシュー 200円

スポンサーリンク

シェアする

フォローする